スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

地域住民との協働による防災まちづくり

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年3月18日

コンテンツ番号113004

地域住民との協働による防災まちづくり

 川崎市では、まちづくり分野の防災対策について、従来の都市計画を中心とした施策に留まらず、地区単位の取組が重要であると考えています。平成21年度川崎市地震被害想定調査において、死亡原因の95%は建物倒壊と火災が占めており、中でも火災については、危険性の高い地区が偏在していることがわかりました。

 そこで建物倒壊や火災延焼被害等の課題が特に大きい2地区については、「不燃化重点対策地区」に指定して、条例による建物の防火規制の強化や防災空地の創出等により、まちの不燃化を推進しています。

不燃化重点対策地区における取組について

 また、火災延焼被害の課題が大きい16地区については防災まちづくり推進地区として、自助・共助による地域住民との協働による防災まちづくりを町会等の単位で順次展開しており、地域の方々による減災に向けた取組を支援しています。


 

防災まちづくりパンフレットの配布場所

あらかじめ、下記の連絡先にご連絡の上、お越しください。

 ・まちづくり局 市街地整備部 防災まちづくり推進課 044-200-3428

広報誌:防まちこもんず

地域と一緒に進める川崎市の防災まちづくりを伝える広報誌として、防まちこもんずを作製しています。

広報誌では、実際に防災まちづくりを行った町内会の活動や身近な防災情報をお届けして、地域で活動する方たちのヒントやきっかけになることを目指して発行していきます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局市街地整備部防災まちづくり推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3428

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50bomati@city.kawasaki.jp