スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

道路の美化啓発活動

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月21日

コンテンツ番号96240

目次

1. 東扇島クリーン大作戦

2. ごみ投棄対策

3. 国道15号美化啓発活動

4. 川崎市ごみ拾いTwitterの紹介

1.東扇島クリーン大作戦

 川崎市臨海部に位置する東扇島地区には、かわさきファズ物流センター等の高機能な物流施設が多く立地しており、関連する自動車交通も多いことから、島内の道路へのごみのポイ捨て等が問題となっています。

 そのため、川崎市、国、所轄警察、東扇島立地企業及び関係団体が協力して、東扇島の清掃活動を実施するとともに、利用者のマナー意識の向上を呼びかけるため、市内小学生が制作したごみのポイ捨て防止絵画の啓発横断幕の掲示を毎年実施しています。

 平成23年から始めた本イベントも毎年約400名もの方々に参加いただいており、引き続き、島内の美化啓発活動に取り組んでまいります。

※ 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止とさせていただきました。 

中止又は延期するイベント等はこちら

 

清掃実施前

清掃実施前


清掃実施後

清掃実施後

収集したごみの内訳(令和元年度実績)
種類
普通ごみ2,380kg
空き缶・ペットボトル 110kg
空きびん10kg

その他

(板状・棒状のもの、クーラーボックス、家電品、傘、包丁等)

    -

各年度の活動の様子はこちら 

 なお、このほかにも東扇島・千鳥町地区における監視パトロールや、民間企業、ボランティア等に御協力いただきながら定期的な清掃活動を実施しております。

 同じ川崎区の殿町夜光線では、民間主体の清掃活動「殿町夜光クリーン大作戦」が実施されており、本市職員も参加して臨海部の美化活動に努めています。

2. ごみ投棄対策

 道路の植樹帯はごみポイ捨ての温床となりやすいだけでなく、投棄されたごみの回収が困難です。そこで、一部の植栽を撤去して土系舗装を施したり、生育の緩やかな種に植え替えたりといった対策を施すことで、ごみ投棄の予防と環境美化を推進します。

1対策前

対策前


2対策後

対策後(土系舗装)

3対策前

対策前


4対策後

対策後(土系舗装)

5対策前

対策前(オオムラサキツツジ)


6対策後

対策後(ベニバナシャリンバイ)

3.国道15号美化啓発活動

 川崎市と国土交通省は、地元小学校と協力し、ごみのポイ捨て防止を目的とした美化啓発活動を実施しています。

 「まち・道路をきれいに」をテーマに、児童が作成した啓発絵画から横断幕を制作し、国道15号に架かる川崎ハローブリッジ及び元木歩道橋にみんなで掲示することで、道路利用者のマナー意識の向上と地域環境の改善を呼びかけています。

  令和元年度は宮前小学校協力の下、川崎ハローブリッジにて掲示イベントを開催しました。


 天候にも恵まれ、ぽかぽか陽気で楽しく横断幕を設置した児童の皆さん


 開会式では、建設緑政局長から啓発絵画で作られた缶バッジ等の記念品が授与されました


 掲示したスローガン横断幕と絵画横断幕のイメージ

4.川崎市ごみ拾いTwitterの紹介

 Twitterを通じて地域の美化活動イベントなどの情報を発信しています。美化意識を広め、まちがきれいになることを目指します。

詳細はこちら

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局広域道路整備室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク20階

電話:044-200-2039

ファクス:044-200-3979

メールアドレス:53koiki@city.kawasaki.jp