スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎港における首都直下地震発生時の震後行動計画について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年1月29日

コンテンツ番号66631

概要

  平成27年3月 川崎港における関係行政機関及び関係団体により組織される「港湾BCPによる協働体制構築に関する川崎港連絡協議会」において、大規模地震により川崎港が被災した場合の港湾機能の確保及び復旧について協議し、川崎港の港湾BCPとして「川崎港における首都直下地震発生時の震後行動計画」(初版)を策定しました。
 平成31年3月 近年の災害において、広域で深刻なガソリン等の石油製品不足が発生したことを踏まえ、大規模地震発生時における製油所・油槽所の石油供給活動の経路確保について新たな検討を行い、「川崎港における首都直下地震発生時の震後行動計画」(第2版)に改訂しました。

詳細

川崎港における首都直下地震発生時の震後行動計画

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市港湾局港湾振興部庶務課
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク20階
電話:044-200-3049
ファクス:044-200-3981
メールアドレス:58syomu@city.kawasaki.jp