スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

市議会と市政

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年5月3日

コンテンツ番号21078

 我が国の地方自治制度は日本国憲法で保障されており、地方公共団体である47の都道府県と1718の市区町村(平成26年4月現在)が地域に応じた行政を行っています。

 都道府県は市町村を広域的にとらえた仕事を担当し、市町村は住民生活に直結した事務を行っています。川崎市は全国に20ある政令指定都市の一つとして、大都市の扱いを受けており、県の事務や権限の一部を委譲されるとともに、7つの行政区を設けています。

 地方公共団体はその意思や方針を決定する議会(議決機関)と議会の決定に基づいて実際に行政を行う団体の長(執行機関)で構成されており、お互いに独立・対等の立場に立ち牽制や協力をし合うことで調和と均衡を図りながらより良い市政の実現を目指しています。

仕組み

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 議会局総務部 広報・報道担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3377

ファクス:044-200-3953

メールアドレス:98kouhou@city.kawasaki.jp