スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

円筒分水(えんとうぶんすい)と二ヶ領用水(にかりょうようすい)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月22日

コンテンツ番号27533

円筒分水

二ケ領用水(にかりょうようすい)は、江戸時代(えどじだい)にあらたに田(た)んぼをふやすために小泉次太夫(こいずみじだゆう)のしどうのもと、農民(のうみん)たちによってつくられた用水路(ようすいろ)です。用水路(ようすいろ)ぞいには、さくらのみちやたくさんの鳥(とり)があつまったりして、来(く)る人(ひと)を楽(たの)しませてくれます。その二ケ領用水(にかりょうようすい)と平瀬川(ひらせがわ)が交(まじ)わるところに円筒分水(えんとうぶんすい)があります。円筒分水(えんとうぶんすい)は、農業(のうぎょう)を行(おこな)うのに大切(たいせつ)な水(みず)を農民(のうみん)たちに平等(びょうどう)にわけるためにつくられたものです。この円筒分水(えんとうぶんすい)は、1941年(ねん)につくられたもので、国(くに)の登録有形文化財(とうろくゆうけいぶんかざい)に指定(してい)されました。

リンク集

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所まちづくり推進部企画課

〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号

電話:044-861-3131

ファクス:044-861-3103

メールアドレス:67kikaku@city.kawasaki.jp