スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

大山街道(おおやまかいどう)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月22日

コンテンツ番号27537

大山街道
蔵のある風景

江戸時代(えどじだい)には商売人(しょうばいにん)がものを運(はこ)ぶルートとして、また大山(おおやま)におまいりにいく道(みち)として、栄(さか)えた歴史(れきし)がある道(みち)です。大山街道(おおやまかいどう)は、東京側(とうきょうかわ)から多摩川(たまがわ)を二子(ふたご)の渡(わた)しで渡(わた)って、まっすぐ溝口(みぞのくち)へと進(すす)み、下作延(しもさくのべ)から上り坂(のぼりざか)を通(とお)って宮前区(みやまえく)にぬける道(みち)です。明治時代(めいじじだい)までは、道沿(みちぞ)いには多(おお)くの蔵(くら)が並(なら)んでいました。今(いま)でも、12棟(とう)の蔵(くら)が残(のこ)っています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所まちづくり推進部企画課

〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号

電話:044-861-3131

ファクス:044-861-3103

メールアドレス:67kikaku@city.kawasaki.jp