スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

橘樹神社(たちばなじんじゃ)と貝塚(かいづか)・古墳(こふん)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月22日

コンテンツ番号27540

橘樹神社

昔(むかし)日本武尊(やまとたけるのみこと)が東(ひがし)にいる敵(てき)とたたかいにいくときに海(うみ)があれていました。海神(うみかみ)の怒(いか)りをしずめようと、妃(きさき)の弟橘媛(おとたちばなひめ)が海(うみ)に身(み)をとうじました。この場所(ばしょ)にひめが身(み)につけていたものが流(なが)れつき、冠塚(かんむりづか)をつくりました。武尊(たけるのみこと)は帰(かえ)りにこの場所(ばしょ)にたちよって、ひめをまつる社(やしろ)を建(た)てました。このような言(い)い伝(つた)えのある橘樹(たちばな)神社(じんじゃ)は、この地域(ちいき)の中心(ちゅうしん)でした。神社(じんじゃ)の近(ちか)くには、子母口貝塚(しぼくちかいづか)、子母口富士見台古墳(しぼくちふじみだいこふん)などがあり、春(はる)には、桜(さくら)の木(き)がきれいに花(はな)を咲(さ)かせます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所まちづくり推進部企画課

〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号

電話:044-861-3131

ファクス:044-861-3103

メールアドレス:67kikaku@city.kawasaki.jp