スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎駅東口駅前広場における広告物社会実験の実施候補者が決定しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年3月29日

川崎駅東口駅前広場における広告物社会実験の実施候補者が決定しました

「川崎駅東口駅前広場における広告物社会実験」を実施する事業者を平成31年2月15日より募集したところ2者から応募があり、庁内選定委員会により、事業実施候補者を選定いたしました。

1 公募概要

(1)公募エリア

川崎駅東口駅前広場(川崎市川崎区駅前本町)

(2)募集方法

公募型プロポーザルによる事業者選定

(3)主な業務内容

  • 広告塔等の設置
  • 広告塔の維持管理
  • 実験結果の報告
  • 広告塔の撤去(実験結果に応じて)

2 選定結果

(a)広告塔

  エムシードゥコー株式会社

(b)案内サインの広告添架

  エムシードゥコー株式会社

3 評価結果

(a)広告塔
  評価点
 エムシードゥコー株式会社        110.86
 表示灯株式会社         98.29
(b)案内サインへの広告添架
 評価点 
 エムシードゥコー株式会社         86.36
 表示灯株式会社         57.28

実施候補者の特定理由

平成30年度「川崎駅東口駅前広場における広告物社会実験」実施事業者募集に係る選定委員会において、企画提案書の書類審査及びプレゼンテーションについて、審査及び評価を行った結果、基準点を満たし、かつ最も得点が高かったため。

4 社会実験によりもたらされる効果等

(1)本事業によりもたらされる効果

  • 広告収入による財政負担の軽減、賑わい創出・環境美化の取組推進
  • 近隣商業者等の広告が掲載されることによる地域経済の活性化
  • 映像装置導入の場合には、駅利用者に対し、災害時に災害情報等が提供可能

(2)広告物が及ぼす影響や効果の検証

 社会実験の実施にあたっては、アンケート調査・流動調査などを通じて、「周辺の景観形成」、「歩行者等の安全・安心」、「事業性」の3つの観点から、その効果及び影響の検証を行い、その結果を踏まえて、本格実施への移行について検討します。

5 今後のスケジュール(予定)

今後のスケジュール(予定)
 平成31年 5月調整・契約締結 
   〃    6月~広告塔等設置工事
   〃       9月~平成32年3月31日社会実験の実施

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局拠点整備推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3021

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50kyoten@city.kawasaki.jp