スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

絹本着色 浄土七高祖連座像

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

絹本着色 浄土七高祖連座像

絹本着色 浄土七高祖連座像 1幅

年代

江戸時代〔寛文12年(1672)〕

法量

縦98.7cm 横43.8cm

所有者

光明寺(高津区二子1-10-10)

指定

市重要歴史記念物 昭和61年8月28日指定

解説

 浄土七高祖連座像は、鎌倉時代以降、法然上人によって創始された日本の浄土宗にあって、インド・中国・日本における法系上の祖師たちを1幅に対称構図で整然と画く形式が盛行したが、本図もその図様に基づく作例である。曇鸞大師(倚像)を中央に、向かって右に竜樹菩薩・善導大師・源空大師(台座)、左に天親菩薩・道綽禅師・源信和尚(曲ろく)を画き、それぞれの尊名が記入されている。表装裏墨書銘に「三朝高祖真影 寛文十二壬子八月」とあり、寛文12年(1672)の制作年を明らかにする。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp