スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

縦動比較器(じゅうどうひかくき)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5287

産業>産業・工作機械>計測機器

所在地

川崎市高津区坂戸1-20-1

所有者

ミツトヨ博物館 map

縦動比較器

2m縦動比較機

縦動比較器は、日本国メートル原器からメートル副原器、また副原器から一次標準尺の1mの値を決めるために用いられました。右側に原器、左側に副原器というように、この2本を、直列に一直線上にあわせ込んで、1mを比べたので縦動比較器と名付けられました。その他、一次標準尺の100 mm、10 mm、1 mmの値を1 mから分割して求めるためにも用いました。木の部分の中は水槽で、水は温度が変わりにくいので温度を一定にするために用いました。測定の精度は1 mで0.2 μm(1 μm=0.001 mm)を保証しています。世界で9台しか無い測定器で、長さの標準が光波長に変わったため不用になり、昭和63年、工業技術院計量研究所より払い下げを受けました。スイス・シップ社製で、横幅約2.5 mで可動部分は、実際に動かすことができます。

一般公開 有

お問い合わせ先

ミツトヨ博物館

電話:044‐813‐8204

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp