スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

WHITWORTH大型測長器(うぃっとわーすおおがたそくちょうき)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5294

産業>産業・工作機械>計測機器

所在地

川崎市高津区坂戸1-20-1

所有者

ミツトヨ博物館 map

WHITWORTH大型測長器

WHITWORTH大型測長器

ウイットワース(Whitworth)大型測長器は、19世紀半ばにイギリスの技術者ウイットワースが作ったねじ式測長器で、機械工作の精度上、重要な産業記念物です。製作者のウイットワースは世界のねじシステムの基礎を作った技術者で「精密測定機器の父、工作機械の母」と呼ばれています。この測長器によって1/100000インチ(0.00025 mm)の細かさで長さ1.8 mまで測る事ができます。現在、日本ではミツトヨ博物館にしか展示されていません。

一般公開 有

お問い合わせ先

ミツトヨ博物館

電話:044‐813‐8204

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp