スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

【医療機関の皆様へ】新型コロナワクチン個別接種情報

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年6月28日

コンテンツ番号128710

新型コロナワクチン接種事業について、医療機関の皆様向けに新着情報を掲載しています。

1.お知らせ

予防接種関係法令等の改正について(令和4年5月25日)

4回目接種について

4回目接種が開始となりました。4回目接種は重症化予防が目的のため、対象となる方は(1)60歳以上の者、(2)18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する者、その他重症化リスクが高いと認める者に限定されます。
また、3回目接種から5か月以上の間隔が経過している必要があります。
予診時には、接種間隔を含め、対象者に該当することを改めて確認し、接種をお願いいたします。

基礎疾患を有する者の範囲(PDF形式,160.12KB)

3回目接種の接種間隔の短縮について

3回目接種(ファイザー・モデルナ)は2回目接種から少なくとも5か月経過している者に変更となりました。

武田社ワクチン(ノババックス)の運用について

武田社ワクチン(ノババックス)の1~3回目接種が開始されました。
武田社ワクチン(ノババックス)の取扱い(PDF形式,603.95KB)

取扱い要件を満たす市内医療機関において、使用を希望される場合は044-200-1079にご連絡ください。なお、取扱い医療機関数には限りがあるため、市で調整を行う場合があります。

4回目接種開始に伴う各種変更点について

追加接種協力医療機関一覧について

追加接種協力医療機関一覧を3・4回目を実施している協力医療機関一覧として5月27日(金)に更新しました。

追加(3・4回目)接種協力医療機関一覧はこちら
初回(1・2回目)接種協力医療機関一覧はこちら

追加(3・4回目)接種及び初回(1・2回目)接種の掲載内容については、下記アンケートの情報を基に作成しています。掲載情報の更新や新規掲載希望がありましたら、下記アンケートからご回答ください。随時、リストへの反映を行います。

アンケートはこちらから回答をお願いします。外部リンク

予約管理システムについて

予約サイトでは、4回目接種は3回目接種の予約枠において、合わせて予約が取得されます。(3回目・4回目いずれも前回接種から5か月経過した方)。必要に応じて「予約サイト掲載コメント」や「接種会場からの連絡事項」の修正をお願いいたします。

4回目接種開始における予約サイト変更点(PDF形式,482.17KB)

医療機関へのワクチン配分について

7月接種分までのワクチン配分において、ファイザーは保証配分量(週当たり15本)までは調整せずに配分いたします。
なお、4回目接種用のワクチン供給は、ファイザーよりモデルナが多く示されています。モデルナの注文も引き続き受付けておりますので、活用についてご検討ください。

小児(5歳~11歳)接種協力医療機関一覧を公開しました。(令和4年2月25日)

小児(5~11歳)接種協力医療機関一覧はこちら

掲載内容については、下記アンケートの情報を基に作成しています。掲載情報の更新や新規掲載希望がありましたら、下記アンケートからご回答ください。随時、リストへの反映を行います。

アンケートはこちらから回答をお願いします。外部リンク

ワクチンの有効期限の取扱いについて

ファイザー社ワクチンの有効期限が「9か月」から「12か月」に延長されました。適切な管理にご協力をお願いいたします。
なお、接種済み証に貼用するロットシールに最終有効年月日が記載されている場合は、有効期限が6か月である前提で印字されているため、印字された有効期限の修正と被接種者へ適切な情報提供をお願いいたします。

有効期限の取扱いの情報については、厚生労働省ホームページにも掲載されております。参照はこちら外部リンクから

ワクチン接種の間違い報告について

接種にあたり、間違いが発生した場合の対応については次のとおりです。チェックリストを活用するなどして、間違いの発生防止に努めてください。

医師会員は川崎市医師会へ報告を行ってください。報告様式が異なりますので、医師会へお問い合わせのうえ、ご対応ください。

保管温度及び保存期間について

新型コロナワクチンの保管温度及び保存期間は次のとおりです。ワクチンの保管温度にご留意いただき、台帳等を用いて適切な管理をお願いいたします。

新型コロナワクチンの保管温度及び保存期間

ワクチンの種類 

 ファイザー(12歳以上用)モデルナ ファイザー(5~11歳用) 

 対象年齢

初回接種 12歳以上
追加接種 12歳以上 

初回接種 12歳以上
追加接種 18歳以上 

初回接種 5 ~11歳
追加接種 なし

 保管温度ごとの有効期限
-90~-60℃

 12か月(有効期限内)

保管できない 12か月(有効期限内) 
 -25~-15℃

 14日(有効期限内、1回に限り-90~-60℃、2~8℃に保管温度変更可)
2~8℃へ保管温度を変更した場合、変更日から31日

9か月(有効期限内) 保管できない 
 2~8℃31日(再凍結不可、有効期限内)
30日(再凍結不可、有効期限内) 10週間(再凍結不可、有効期限内) 
 その他 室温で解凍時は、2時間以内に希釈
希釈後は2~30℃で6時間保存可能
一度針を刺した後は、遮光して2~25℃で12時間の保存可能 室温で解凍時は、24時間以内(一度針を刺した後の時間を含む)に使用
希釈後は2~30℃で12時間の保存が可能 

※川崎市から協力医療機関へのワクチン配送は、ファイザー(12 歳以上用)及びモデルナについては-25~-15℃、小児用ファイザーについては-90~-60℃で実施しています。

医療従事者への追加接種について

医療従事者向けに3回目接種を行う医療機関のうち、要件を満たす場合は川崎市で代行登録を行います。代行を希望する場合は、接種月の翌月10日までに、VRS代行登録依頼票と接種券を貼った予診票1枚目の写しを郵送で送付してください。
4回目接種においては、医療従事者の方は接種対象ではありません。勤務者である接種対象者等へ4回目接種を行った場合、同様に代行登録を行います。

接種券未着の医療従事者に追加接種を行う場合は、次のとおり対応をお願いいたします。

2.新型コロナウイルスワクチン接種事業について

事業を実施している又は事業を実施しようと考えている医療機関の皆様は以下の資料を御確認いただき、必要な手続きをお願いします。

川崎市新型コロナウイルスワクチン接種事業ガイダンス資料

市民向けに新型コロナウイルスワクチン接種を実施する医療機関向けの事前登録事項入力フォーム

ワクチン接種の注意とポイント

3.接種の実施に関すること

ワクチンの注文について

現在、8月1日(月)~8月14日(日)までに接種する分の注文を受け付け中です。
上記の接種期間は12歳以上用ファイザーワクチン及びモデルナワクチンの目安となります。

【留意事項】
・注文締切期限後に注文サイト及び注文専用FAXから注文することはできません。
注文締切期限後に注文を希望する場合は、川崎市新型コロナウイルスワクチン調整室(044-200-1079)へご連絡ください。また、配送数量変更を希望される場合は、搬入日の4営業日前までにご連絡ください。

ワクチンの有効活用のお願い(再融通)

ワクチンを有効活用するため、余剰ワクチンが生じることが見込まれる場合は、医療機関間での融通の対応をお願いいたします。
医療機関間でワクチン再融通を行う場合は、再融通を行う前に、神奈川県への申請が必要となります。申請はこちら外部リンク

融通先が見つからない場合は、融通用登録用Webフォームが神奈川県から提供されておりますので、登録作業をお願いいたします。

予約管理システムにおける予約枠設定の方法

次の資料を参考に設定してください。なお、医療機関における予約管理システムの活用は任意です。

システム操作が難しい場合は、代行入力の利用が可能です。希望する場合は依頼票を提出してください。

7月18日(月)~7月31日(日)

8月1日(月)~8月14日(日)

ワクチン納品時における情報共有シートの提供

ワクチン納品時に情報共有シートの提供は行っておりません。必要な情報は、ワクチンの納品書に記載されています。ワクチン管理台帳(任意様式)に転記し、適切に管理を行ってください。

4.費用請求・支援制度に関すること

接種費用の請求方法

接種費用の請求様式はV-SYSから出力します。請求書の作成方法は次のとおりです。

V-SYSの操作方法については、V-SYSヘルプデスク 0570-026-055 (8時30分~19時00分土日・祝除く)にお問い合わせください。

請求書の送付先は、接種を受けた方の住所地が川崎市内かそれ以外かによって異なります。詳細はこちら(川崎市ホームページ)

費用請求・支援制度一覧

川崎市で受け付けている費用請求、個別接種促進に向けた支援金は次のとおりです。請求方法等の詳細は、名称にリンクしている関連ページからご確認ください。

費用請求・支援制度一覧
名称支援内容支給額事業主体
接種費用ワクチン接種に係る費用接種1回あたり2,070円

接種費用(時間外・休日加算)時間外・休日に接種のための予診を行った際の経費(接種費用に上乗せ)(1) 時間外:730円 × 予診実施回数 + 消費税
(2) 休 日:2,130円 × 予診実施回数 + 消費税
新型コロナウイルス感染症緊急包括交付支援金外部リンク接種体制の整備等を行っていただいた協力医療機関に対し、接種回数に応じて支給(神奈川県から支払)

<診療所の場合>

(1) 3,000円 × 接種回数(週150 回以上の接種をした週における接種回数)
(2) 2,000円 × 接種回数(週100回以上の接種をした週における接種回数)
(3) 100,000円 × 日数

<病院の場合>

(1) 100,000円 × 日数(50回以上/日の場合)
(2) (1)に加えて、以下を加算
医師   1人1時間当たり7,550円
看護師等 1人1時間当たり2,760円

新型コロナウイルスワクチン接種体制支援金週60回以上接種を目標として接種体制を確保を行った協力医療機関に支給月150,000円
新型コロナウイルスワクチン追加接種等持続化支援金12歳以上の市内に住所を有する方に対して、令和3年12月1日から令和4年9月30日までに追加接種(1・2回目接種含む)を実施した際に支給接種1回あたり1,500円
新型コロナウイルスワクチン小児接種負担軽減支援金5歳以上12歳未満の市内に住所を有する方に対して、令和4年3月1日から令和4年9月30日までに接種を実施した際に支給接種1回あたり2,000円
超低温冷凍庫等導入支援金超低温冷凍庫等の調達、整備工事及び据付費等の導入に関する経費実費相当額(最大600,000円)

5.VRS,V-SYSに関すること

ワクチン接種記録システム(VRS)

ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)

VRSへの接種実績の登録にご協力ください

VRSで報告されている接種実績を基に、各自治体へのワクチンの配分・供給を行っています。適切な配分量を確保するために、VRSへの接種実績の登録についてご協力をお願いします。

(厚生労働省からの5月31日付け通知に基づき、VRSに接種記録を確実に行った場合は、V-SYSへの高齢者等の接種実績の登録は不要となりました。)

医療従事者向け追加接種を行う医療機関のうち、要件を満たす場合は川崎市で代行登録を行います。代行を希望する場合は、接種月の翌月10日までに、VRS代行登録依頼票と接種券を貼った予診票1枚目の写しを郵送で送付してください。

問合せ窓口

ワクチンに関する一般的な相談

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話 0120-761-770(午前9時~午後9時)

副反応に関する専門相談

神奈川県専門相談センター

電話 045-285-0719(24時間)

V-SYSに関する問合せ

V-SYSサービスデスク
電話  0570-026-055(午前8時30分から午後7時)土日祝を除く
メール 
service@v-sys.jp.nec.com

VRSに関する問合せ

VRSヘルプデスク
電話 0120-063-200(午前9時~午後5時)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市新型コロナウイルスワクチン調整室個別接種担当
電話:044-200-1079
ファクス:044-200-3928
メールアドレス:40vaccine@city.kawasaki.jp
住所:川崎市川崎区宮本町1番地