スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

在宅療養はじめてBOOKを配布しています!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月1日

コンテンツ番号105663

「在宅療養はじめてBOOK」配布中です

あなたやあなたの家族が急に倒れたり、介護が必要になったりしたら、どうしますか?

自分も家族も満足できる準備ができていますか?実は、多くの区民が「最期までできる限り現在の家に住み続けたい(37.4%)」と希望しているのに、実際に最期を迎える場所は「病院・診療所(38.5%)」だと思っているのです。(中原区民アンケート(平成30年5月実施)より)

住み慣れた地域でいつまでも暮らすために…介護が必要になっても、治療が必要になっても、「自宅での生活」を考えてみませんか?

実際の暮らしがイメージできるように、中原区で【在宅療養はじめてBOOK】を配布しています。

ご家族やご近所の方とも見ていただきたい1冊です。ぜひお手にとって、ご覧ください!

 

在宅療養はじめてBOOK 表紙画像
在宅療養はじめてBOOKの内容(イメージ1)
在宅療養はじめてBOOKの内容(イメージ2)

ここで配布しています

中原区役所、中原区内のいこいの家(7か所)・地域包括支援センター(6か所)

中原区社会福祉協議会(福祉パルなかはら)、老人福祉センター、中原市民館、中原図書館 など

〇各種事業所や町内会、サークル活動などでの配布や活用も歓迎です。まとまった部数をご入用の際は、お気軽に下記までご連絡ください。(配送でのお届けを希望された場合は、配送にかかる費用をご負担いただく場合があります。)

〇各施設で配布が終了している場合があります。その場合は、中原区役所2階1番窓口の地域ケア推進課または、中原区役所3階5番窓口の高齢・障害課(電話044-744-3217 )へご連絡ください。

自分で考えよう!「いきいきライフプラン」も配布中です

これからの生き方と暮らしの安心、充実を考えるきっかけとなるよう作成された、≪自分で考えよう!「いきいきライフプラン」≫の冊子も、中原区役所(2階3番窓口付近のチラシ置き場)や地域包括支援センターで配布しています。

在宅療養はじめてBOOKの表紙裏には、「いきいきライフプラン」がちょうど入るポケット(封筒)を付けています。

ぜひ併せてご覧ください。

自分で考えよう!「いきいきライフプラン」表紙画像

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

中原区役所地域みまもり支援センター 地域ケア推進課
電話 044-744-3304
FAX 044-744-3196
E-mail 65keasui@city.kawasaki.jp