川崎市温室効果ガス排出状況について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年6月27日

2011年度(確定値)、2012年度(改定値)、2013年度(暫定値)

1 趣旨

 川崎市環境基本計画及び川崎市地球温暖化対策推進基本計画に基づき、市内の温室効果ガス排出量について、2011年度(確定値)、2012年度(改定値)、2013年度(暫定値)の算定を行いました。

2 温室効果ガス排出量

 2013年度の川崎市の温室効果ガス排出量(暫定値)は、25,693千トン-CO2でした。基準年度(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素は1990年度、それ以外の3ガスは1995年度)と比較した場合、2013年度で12.1%の減少となりました。

川崎市の温室効果ガス排出量の推移

3 二酸化炭素排出量

 2013年度の二酸化炭素排出量(暫定値)は25,437千トン-CO2となっており、基準年度と比較した場合、4.8%の減少となりました。

川崎市の二酸化炭素排出量の推移

 川崎市では、例年、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく国の温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の開示データを使用し、市内の温室効果ガス排出量を算定しています。しかしながら、現在開示されている最新データである2012年度のデータは今後修正が見込まれています。また、2013年度のデータがまだ開示されていないことから、2013年度の市内の温室効果ガス排出量は、例年と異なる方法で算定しています。そのため、2012年度については「改定値」、2013年度については「暫定値」としています。

今後、国の新たなデータの開示や開示データの修正等が行われた際には、再算定を行い 、数値を更新していきます。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2405

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp