スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

予防接種を受けることができない場合

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年9月21日

 予防接種は体調の良い時に受けるのが原則です。日頃から、体温などお子さんの健康状態をよく観察しましょう。気になることがあったら、医師に相談の上、その時の状況で接種するかどうか判断してください。

 なお、次のような場合は予防接種を受けることができません。

  • 明らかに発熱のある人(37度5分以上の)
  • 重篤な急性の病気にかかっていることが明らかな人
  • これまでにワクチンに含まれる成分でアナフィラキシー(ひどいアレルギー反応)を起こしたことが明らかな人
  • BCG接種の場合、外傷などによるケロイドが認められる人
  • その他、医師が予防接種を行うことが不適当な状態と判断した場合

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2440

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp