産前・産後家庭支援ヘルパー派遣事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年2月1日

制度内容

事業概要

川崎市では、母親が出産前後で体調不良等のため、育児や家事を行うことが困難な家庭にヘルパーを派遣し、育児や家事等をお手伝いし、子育てを支援することを目的に、「川崎市産前・産後家庭支援ヘルパー派遣事業」を実施しています。

派遣対象者

川崎市内に居住する産前から産後4ヵ月以内(お子さんが満4ヵ月になる日の前日まで)の母親であって、体調不良等のため育児や家事が困難であり、昼間他に育児や家事を行う人がいない人を対象とします。
ただし、産前の場合は切迫流産等の病気により医師から安静を指示されている場合に利用可能となります(詳細は、事業者までお問い合わせください)。

サービス内容

育児に関するもの

  • 授乳
  • おむつ交換
  • 沐浴介助
  • 適切な育児環境の整備
  • その他必要な育児援助

家事に関するもの

  • 食事の準備及び後片付け
  • 衣類の洗濯、補修
  • 居室等の清掃、整理整頓
  • 生活必需品の買物
  • 関係機関との連絡
  • その他必要な家事援助(大掃除等日常の家事の範囲を超えたものは行えません)

派遣時間帯と利用可能時間・回数

派遣時間帯

午前8時から午後7時まで

利用可能時間・回数

1回2時間以内、1日2回まで、延べ20回まで

利用申込方法

「川崎市産前・産後家庭支援ヘルパー派遣事業 認定事業者一覧」の中から、希望する認定事業者を選び、ヘルパー派遣開始希望日の7日前までに、直接、認定事業者に申し込んでください。

なお、利用申請書(第9号様式)は、関連資料から出力するか、各認定事業者から受け取ってください。

認定事業者

産前・産後家庭支援ヘルパー派遣事業 認定事業者一覧

関連資料

添付ファイル

新規事業者の実施認定申請について(事業者様向け情報)

認定事業者になるためには

川崎市では、産前・産後の体調不良等により、育児・家事支援を必要としている家庭に、より円滑に支援を行うために、ヘルパー派遣を行う事業者を随時募集しています。

本事業における認定要件は次のとおりです。
・市内に事業所があること
・育児と家事の両方の支援ができること
・育児支援又は家事支援に1年以上の実績があること
・派遣に要する費用は、市長が定める額の範囲内とすること・・・他。

認定要件の詳細については、下記のお問い合わせ先まで、電話によりお問い合わせください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

こども未来局こども保健福祉課
電話:044-200-2450