六郷川鉄橋を渡る汽車と渡し舟

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年4月10日

できあがりイメージ
六郷川鉄橋画像

現存する六郷川鉄橋(部分)/博物館明治村

「六郷川鉄橋を渡る汽車と渡し舟」

 江戸時代、宿場町として栄えた川崎は、明治の文明開化の時代に入っても交通の要所でした。

 明治5(1872)年、新橋-横浜間に日本初の鉄道が開通したときは、六郷川と呼ばれていた多摩川下流に、木の橋が架けられましたが、明治10(1877)年、日本初の復線用鉄製鉄道橋「六郷川鉄橋」に架け替えられました。

500メートルに及ぶ川幅に架けられた鉄橋には、一部、ワーレントラス桁が採用され、明治45(1912)年まで使用されました。

 この時代、橋を渡ったのは鉄道のみで、多摩川を越える人々は「六郷の渡し」(舟)を交通手段としていました。

 文明開化の熱気のなか、ザンギリ頭や洋装の人がいる一方、きもの姿も多く、和洋まぜこぜの風俗が流行しました。

 日本の近代化をあらわす活気ある光景は、三代 歌川広重の『東京品川海辺蒸気機関車鉄道之真景』など多くの錦絵に描かれました。

※政府が招いたお雇い外国人により設計、施工。六郷川鉄橋は現在も「博物館明治村(愛知県犬山市)に一部保存されています。
 また、開業当初の蒸気機関車は客車は英国から輸入していました。150形式(重要文化財/鉄道記念物)は、「鉄道博物館」(さいたま市)に保存されています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課 まちづくり推進係

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp