スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

太陽光発電設備導入ポテンシャル調査業務委託に関する一般競争入札について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年7月27日

コンテンツ番号142243

太陽光発電設備導入ポテンシャル調査業務委託に関する一般競争入札について

本市が令和4年度に実施する「太陽光発電設備導入ポテンシャル調査業務委託」の事業者を、一般競争入札により選定します。

概要

1 件名

太陽光発電設備導入ポテンシャル調査業務委託

2 委託業務概要

 本業務は、川崎市域の民間建築物に対する再生可能エネルギー導入を促進するための基礎データとして、太陽光発電施設の導入ポテンシャルを把握することを目的とし、受託者は次の業務を行うこととします。

(ア) 新築・増改築建物への太陽光パネル設置状況調査
(イ) 太陽光パネルの設置係数調査
(ウ) 新築・増改築建物の太陽光発電施設の導入ポテンシャル推計
(エ) 適正義務量の検討
(オ) 報告書の作成

3 競争参加資格

入札の参加を希望する者は、次の条件を満たしていなければなりません。

(1) 川崎市契約規則(昭和39年川崎市規則第28号)第2条の規定に基づく資格停止期間中でないこと。

(2) 川崎市競争入札参加資格者指名停止等要綱による指名停止期間中でないこと。

(3) 令和3・4年度川崎市業務委託有資格業者名簿に業種「調査・測定」、種目「その他の調査・測定」で登載されている者。

(4) 受注者は以下に示す要件のうち、いずれかを満たすものとする。

(ア)有資格者の配置

 本業務の精度管理を総括する者として、太陽光発電施設の導入ポテンシャル調査に精通し、技術管理責任者として十分な技能・業務経験を有する技術士(建設―建設環境)を配置し、技術面及び品質面の照査を行う者として、十分な技能・業務経験を有する空間情報総括監理技術者の有資格者を配置すること。

 (イ)事業実績

 平成29年度以降、太陽光発電設備の設置ポテンシャル調査に類する契約を官公庁と締結し、誠実に履行した実績を有すること。

4 履行期間

契約締結日から令和5年3月31日まで(ただし、中間成果報告は令和4年9月30日)

5 契約書作成の要否

6 手続きにおいて使用する言語及び通貨

日本語及び日本円

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局脱炭素戦略推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2088

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30dtanso@city.kawasaki.jp