スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

無償化にあたり必要な認定手続き(認可外保育施設など)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月8日

コンテンツ番号109827

認可外保育施設などとは

※ このページの「認可外保育施設など」とは、                                                    (1)川崎認定保育園、(2)地域保育園、(3)事業所内保育施設(認可外)、(4)一時保育事業、(5)年度限定型保育事業、(6)病児・病後児保育事業、(7)ふれあい子育てサポート事業、(8)ベビーシッターのことを指します。

無償化にあたり必要な認定手続き(認可外保育施設など)

認可外保育所などを利用される方が無償化の対象となるためには、「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

申請案内をご確認いただき、必要書類を「幼保無償化事務センター」にご提出ください。

認定(変更含む)については、原則、遡及して認定することはできません。本市への書類到着日以降から認定(変更)します。そのため、認定(変更)希望日までに本市へ到着するよう書類提出をお願いします。

なお、認定(変更)希望日以降に認定(変更)した場合、無償化給付額が減額されることがありますのでご注意ください。

書類の提出先

幼保無償化事務センター

(送付先)

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

川崎市こども未来局子育て推進部保育対策課気付 幼保無償化事務センター

申請案内

保育を必要とする事由及び各事由の確認に必要な書類は、次のとおりです。

なお、保育を必要とする事由については、認可保育所等の入所申請に必要な条件と同等です。

保育を必要とする事由、必要書類等
 保育を必要とする事由必要書類認定期間
1

就労
月64時間以上

(1日4時間以上かつ月16日以上)

(1)居宅外労働の方
・就労証明書(雇用先にて記載・発行したもの)
(2)自営業又は親族経営の会社にお勤めの方
・就労状況申告書
・自営業等の証明書類の写し(確定申告書、開業届、営業許可証、登記簿謄本等)
小学校就学前まで
2妊娠、出産・母子手帳(表紙、出産予定日が確認できるページ)出産予定日の前後各2か月程度
3病気、負傷又は心身障害

・診断書(原本)又は障害者手帳(写し)

※障害者手帳とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をいいます。
・疾病・障害状況申告書

小学校就学前まで
4介護・看護
同居又は長期入院している親族等の介護・看護
・診断書(原本)又は介護保険証(写し)等
(介護が必要な方の書類)
・介護状況申告書
小学校就学前まで
5求職活動又は起業準備・求職活動報告書2か月以内
6就学
卒業後就労を目的に職業訓練校や大学等へ通学
・合格通知書、パンフレット等の写し
・スケジュール表(カリキュラム表)
職業訓練校や大学等への通学期間
7災害の復旧・罹災証明災害の復旧完了まで

令和3年4月1日以降の認定については、就労の要件を「月実働64時間以上」に変更します。

※新たに認定を希望する方について、育児休業取得中の場合は、保育を必要とする事由に該当しません。ただし、認定希望月の末日までに復職できる場合は、当該月の認定申請ができます(育児休業取得中の子どもは、認定申請児童以外の子どもを含みます。)。

提出が必要な書類

(1)施設等利用給付認定申請書

(2)保育を必要とすることを証明する書類

※保育を必要とすることを証明する書類は、例えば父母世帯の場合は父母それぞれの証明書が必要です。

お問い合わせ先

無償化に関するご質問は

 幼保無償化事務センタ- 044-246-2025 (専用ダイヤル) 

 平日:午前10時~午後7時 までお問合せください。

 お電話でお問い合せいただく際の電話番号のかけ間違いが多数発生しています。お問い合せの際には、今一度電話番号をご確認いただき、おかけ間違いのないようお願いいたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局子育て推進部保育対策課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3727

ファクス:044-200-3933

メールアドレス:45taisak@city.kawasaki.jp