医療法人設立認可申請書

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月1日

申請案内

医療法人設立認可申請書

概要

医療法人を設立するためには、市長の認可を受けなければなりません。
設立認可の申請を行う際ご使用ください。

いつ

設立しようとする時(年2回)

だれが

設立代表者

備考

申請書(素案)の提出がないと受付けられません。
事前に必ずご相談ください。

関連情報

神奈川県ホームページ

http://www.pref.kanagawa.jp/外部サイトへリンクします

根拠となる法令等

医療法第44条第1項

医療法施行規則第31条、36条

川崎市医療法施行細則第27条第1項

代理の可否/補足説明

>>可

手続方法

神奈川県内は、年2回申請の受付をして以下の流れで認可を行っております。

  1. 申請書(素案)提出
  2. 事前審査
  3. 本申請
  4. 医療審議会の意見聴取
  5. 認可

受付窓口

川崎市健康福祉局保健所医事・薬事課医事担当

受付時間

申請書(素案)の受付期間

午前8時30分から正午まで

午後1時から午後5時まで

(土曜、日曜、祝日、休日、年末年始は休み)

問合せ先

お問い合わせについては下記を参照ください。

※ 質問がある場合は、内容をできる限り詳細に記載しファクスでお願いします。

添付書類

  1. 定款又は寄附行為
  2. 設立趣意書
  3. 設立当初において当該医療法人に所属すべき財産の財産目録
    (1) 設立時の財産目録
    (2) 設立財産目録の明細書
    (3) 設立時の負債内訳書
    (4) 出資申込書
  4. 不動産その他重要な財産の権利の所属についての証明書類 
    (1) 不動産の評価書(出資しない場合は不要)
    (2) 銀行等の預金残高証明書
    (3) 負債の残高証明書及び負債引継承認書(負債を引継がない場合は不要)
    (4) リース契約引継承認書(リース契約を引継がない場合は不要)
  5. 開設しようとする施設(病院、介護老人保健施設及び診療所)の概要
  6. 設立者全員の履歴書及び印鑑登録証明書
  7. 役員の就任承諾書
  8. 管理者就任承諾書 (開設しようとする診療所の管理者となるべき氏名を記載した書面)
    管理者となるべき者の医師(歯科医師)免許証の写し
  9. 社員及び役員の名簿
  10. 不動産等を賃貸借する場合の賃貸借契約書の写し
  11. 不動産(土地・建物)の登記簿謄本
  12. 設立代表者の原本証明
  13. 設立総会議事録
  14. 設立後2年間の事業計画及び予算書
  15. 委任状
  16. 前年度確定申告書の写し

手数料・利用料・料金等有無/説明

>>無料

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所医事・薬事課 医事担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2494

ファクス:044-200-3934

メールアドレス:40iziyak@city.kawasaki.jp