スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

耐震シェルター・防災ベッド設置助成制度

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月26日

 この制度は、市内の木造住宅の所有者に対して、耐震シェルター・防災ベッドを設置するための費用の一部を助成することにより、地震による住宅の倒壊から居住者の生命を守ることを目的としています。

 耐震シェルターとは 大きな地震による住宅の倒壊から身を守り、安心して生活していただくため、住宅の一部屋(居間や寝室)にフレーム等を設置することにより、安全な空間(一時的な避難場所)を作るものです。

 防災ベッドとは 大きな地震による住宅の倒壊から身を守り、安心して就寝していただくため、ベッドにフレーム等を設置するものです。

 ※平成31年度の申請受付中です。なお、平成31年度の受付終了は10月末を予定しております。

 ※ 本制度を利用される前に、必ず耐震診断を行ってください。

 無料の耐震診断士派遣制度がありますので、詳細は、「木造住宅耐震診断士派遣制度の御案内」をご覧ください。

1 対象建築物

次の条件の全てに当てはまる住宅が、助成金の対象となります。

  1. 昭和56年5月31日以前に工事着手されたもの
  2. 木造で建築された一戸建ての住宅で、店舗等の非住宅部分が全体の2分の1以下のもの(防災ベッドについては、長屋・共同住宅を含む)
  3. 耐震診断の結果、地震に対して安全でないと確認されたもの
  4. 1階に耐震シェルター・防災ベッドを設置できること

※ 市の制度を利用して耐震改修を行われている場合、対象外となります。

 耐震改修助成制度については、「木造住宅耐震改修助成制度」をご覧ください。

2 助成対象者

助成金の交付を受けることができるのは、次の条件に当てはまる方です。

  1. 対象建築物を所有する方
  2. 対象建築物を所有する方の配偶者若しくは1親等内の親族の方

3 助成金額

 耐震シェルター・防災ベッドの購入及び設置に要する費用の10分の9以内の額とし、上限額は下記のとおりとなります。

上限額
耐震シェルター30万円
防災ベッド(テーブル)10万円

※ 申請回数について、耐震シェルターにおいては1棟につき1回限り、防災ベッド(テーブル含む)においては対象住宅に居住している方の人数分を限度に一回とします。

※ 同一住宅において、耐震シェルターと防災ベッド(テーブル含む)を重複して申請することはできません。

4 対象製品

 助成対象となる製品については、下記添付ファイルをご覧ください。

5 手続き

 申込み手続きの流れについては、下記添付ファイルをご覧ください。

6 関連資料

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局市街地整備部防災まちづくり推進課 耐震化支援担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3017

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50bomati@city.kawasaki.jp