スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

4 政策の基本的な方向 (3)多様性が可能性となるまち

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月27日

コンテンツ番号92848

(3)多様性が可能性となるまち

 多様性を活かすまちとなるためには、例えば、障害者が付加価値の高い製品・サービスを提供する担い手として働き、就労を通じて自己実現できる環境や、ユニバーサルデザインに配慮したまちづくりなどが進む必要があります。

 「かわさきパラムーブメント」の推進をはじめ、さまざまな活動をする際の壁を取り除き、社会環境によるバリアのない暮らしの実現に向けて取り組んでまいります。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局都市政策部企画調整課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2027

ファクス:044-200-0401

メールアドレス:17kityo@city.kawasaki.jp