スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

寄附金の使いみち ~環境・公園・みどり・動物愛護~

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年10月5日

コンテンツ番号110069

環境・公園・みどり・動物愛護

 令和3年度にいただいた寄附金は、寄附者の皆様のご意向に沿って、次のとおり各事業へ活用しました。今後とも川崎市への応援をよろしくお願いいたします。

地球温暖化対策の推進

 川崎市地球温暖化防止活動推進センターを通じた脱炭素に関わる普及活動等に活用しました。

地球温暖化防止活動推進センター
地球温暖化防止活動推進センター

夢見ヶ崎動物公園の飼育環境の充実

 夢見ヶ崎動物公園の動物のえさ代や医薬品などに活用しました。

ペンギン
レッサーパンダ

多摩川における豊かな河川空間の創出

 多摩川緑地の維持管理等に活用しました。

整備の様子
整備の様子

公園緑地の整備・緑の創出

 市民150万本植樹運動植樹祭の樹木等に活用しました。

緑地の保全

 特別緑地保全地区等の管理施設の補修に活用したほか、緑地保全の財源となる基金に積み立てました。

緑地の保全1
緑地の保全2

安全で快適な道路・河川・水路の整備

 麻生区内の道路等の補修に活用しました。

施行前
施行後

動物愛護センターの動物等への支援

 動物愛護センターに収容された犬猫に必要な飼料、医薬品などを購入し、将来的な動物愛護事業の財源となる基金へ積み立てました。

動物愛護センター
ミルクを飲む子猫

御幸公園の梅林の復活

 梅の植樹等を行うために活用しました。

御幸公園の梅
植樹された梅の木

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局財政部資金課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3592

ファクス:044-200-3904

メールアドレス:23sikin@city.kawasaki.jp