スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎区役所及び支所の機能・体制等に関する検討

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月13日

コンテンツ番号129978

概要

 川崎区は、児童虐待相談・通告件数や高齢者単身世帯、要介護認定者等が他区と比較して非常に多く、増加傾向にあります。

 本市として、このような方々への積極的な支援を行っているものの、より専門的かつ機動的な対応が求められる場合があり、川崎区の支援体制の見直しが必要となっています。

 また、川崎区では、区内を3つの管区に分けて、管区ごとに業務を取り扱う体制となっていますが、これにより、他区にはない業務の非効率性や窓口体制の分かりにくさが生じていることに加え、支所や地区健康福祉ステーションにおいては、事務処理件数が区役所より少ないことから、職員の配置人数が少なく、安定的な窓口サービスの提供という点で課題を抱えている状況などがあります。

 こうしたことから、これらの課題への対応について検討を進め、令和2(2020)年3月に「川崎区役所及び支所の機能・体制等に関する基本方針」を策定し、「支所・地区健康福祉ステーションの申請・届出業務を川崎区役所へ一元化する」、「支所は共に支え合う地域づくりを推進する地域の身近な拠点とする」、「支所庁舎建替えに向けた取組を推進する」を基本的な考え方とした取組を進めています。

令和3年度の取組

まちの使い方ラボ(市民意見聴取)

 全5回のプログラムを通して、参加者が「やってみたいまちの使い方」を実験することで、もっとまちに開かれた支所のあり方を探します。

 詳細はこちらの「まちの使い方ラボ」のページをご覧ください。

大師地区・田島地区まちづくりのコンセプトブック

令和3年5月に策定した「川崎区役所及び支所の機能・体制等に関する実施方針」に基づき、「大師地区・田島地区まちづくりのコンセプトブック~未知との出会いにオープンなまち~」を作成しました。

詳細はこちらの「大師地区・田島地区まちづくりのコンセプトブック」のページをご覧ください。

経過

川崎区役所及び支所の機能・体制等に関する実施方針(令和3(2021)年5月策定)

 市民意見を踏まえた新しい支所のコンセプトや庁舎整備に向けた視点、機能再編や支所庁舎建替え等に関する取組内容やスケジュールなどについて、取りまとめたものです。

川崎区役所及び支所の機能・体制等に関する基本方針(令和2(2020)年3月策定)

 支所・地区健康福祉ステーションの申請・届出業務を川崎区役所へ一元化(機能再編)することや、支所庁舎の建替えに向けた取組を推進することなどを取りまとめたものです。

区役所と支所・出張所等の機能再編実施方針改定版(平成30(2018)年3月)

 市民目線に立った利便性の高いサービスを提供していくため、区役所や支所等の機能に関する方向性や取組について取りまとめたものです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部区政推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階

電話:044-200-2358

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kusei@city.kawasaki.jp