スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

【新型コロナ】発熱などの症状がある方へ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年10月3日

コンテンツ番号116178

陽性者登録窓口の申請方法や対象者等について

次の条件のいずれかに当てはまる方は陽性者登録窓口への登録をご検討ください。
(1)薬局等で購入した抗原検査キット(体外診断用医薬品承認のもの)によるセルフテストや、無料検査等で陽性が判明した方(65歳以上や妊婦の方は登録できないため受診してください)

(2)受診したが、以下の4つの条件を満たすため、発生届出対象出ない方

  • 65歳未満
  • 入院不要
  • 妊婦ではない
  • 重症化リスクが無くコロナ治療薬の投与又は酸素投与が必要と医師が判断しない
    (重症化リスク:悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植・免疫抑制剤等の使用による免疫機能の低下)

これらの方は発症から7日以内(無症状の場合は検査日から7日以内)に神奈川県の「陽性者登録窓口」外部リンクに登録することによって、療養支援を受けることができます。詳しくは神奈川県ホームページ「新型コロナ 陽性者登録窓口について」外部リンクをご覧ください。
※陽性者登録をしても療養証明書を発行することはできません。提出先の求めに応じた書類(医療機関に受診した場合の領収書等)をご自身で入手してください。

発熱等の症状がある場合、市販の解熱剤は服用しても問題ありません。用法・用量をよく確認して使用してください。ただし、下記のような場合には主治医や薬剤師に相談が必要です。
・ほかの薬を服用している場合や、妊娠中、授乳中、高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下などの治療中の場合
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

【体外診断用医薬品承認抗原検査キット販売店のご案内】 抗原検査キット販売薬局検索システム外部リンク

発熱等の症状がある方へ受診のご案内

発熱等の風邪症状があり、リスクの高い方は、まずかかりつけ医等の医療機関に相談・受診しましょう。

リスクの高い方とは(次のいずれかを満たす方です)

  • 65歳以上
  • 妊婦
  • 基礎疾患等により、入院の必要が生じる可能性がある方
  • 重症化リスクがある方

(重症化リスク:悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植・免疫抑制剤等の使用による免疫機能の低下)

※受診前に必ず医療機関に事前予約を入れてください。(事前予約がない場合は、診療をお断りする場合があります。)

※受診には必ず保険証を持参してください。医師が検査を必要と判断した場合は、検査費用は無料ですが、別途初診料等は患者様の負担が発生します。

※患者数の急増の際は、医療機関で即日の予約受付ができない場合があります。医療機関の数には限りがあるため、ご理解頂きますようお願いいたします。65歳未満の方(妊娠している方以外)は抗原検査キットによるセルフテストも御検討ください。(緊急を要する症状で救急車が必要な場合は、119番へご連絡ください。)

※即日の予約受付ができない場合は、市販の解熱剤は服用しても問題ありません。用法・用量をよく確認して使用してください。ただし、下記のような場合には主治医や薬剤師に相談が必要です。
・ほかの薬を服用している場合や、妊娠中、授乳中、高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下などの治療中の場合
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

厚生労働省ホームページの<自宅療養のためのQ&A>外部リンクも参考にご確認ください。

陽性者の同居家族が発症した場合

患者急増時は、受診に一定の時間を要する状況となっているため、陽性者の同居家族等の濃厚接触者が有症状となった場合には、医師の判断により検査を行わなくとも、臨床症状で診断できることとなっております。陽性者の同居家族が発症し、受診が難しい場合は、陽性者の診断をした医療機関等にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症の感染急拡大時の外来診療の対応について外部リンク

発熱診療等医療機関

発熱や咳等の症状がある方が地域において、診療・検査が可能な医療機関を「発熱診療等医療機関」として県が指定しています。(一覧にない市内外の一般医療機関でも受診を受け付けている可能性があります。)

※患者数の急増の際は、医療機関で即日の予約受付ができない場合があります。医療機関の数には限りがあるため、ご理解頂きますようお願いいたします。65歳未満の方(妊娠している方以外)は抗原検査キットによるセルフテストも御検討ください。(緊急を要する症状で救急車が必要な場合は、119番へ御連絡ください。)

※「PCR検査を受けたい」というお電話が医療機関に多数寄せられていますが、検査は患者の症状等に応じて医師が必要性を判断します。また、検査にはPCR以外の手法もあるため、診察・検査方法については医療機関の指示に従ってください。

※医療機関では症状がある方優先で対応しております。無症状の方、漠然とした不安がある、陰性証明が欲しい等の理由での掲載医療機関へのお問い合わせはお控えください。無症状の方の検査等については、神奈川県ホームページ(検査無料化事業について)外部リンクをご覧いただくか、自費の民間検査施設等をご利用ください。

※検査未実施発熱診療等医療機関では発熱等の症状がある方の診察は行っておりますが、新型コロナウイルスの検査は行っておりません。

川崎市内の発熱診療等医療機関

川崎区(PDF形式,58.58KB)
幸区(PDF形式,52.00KB)
中原区(PDF形式,79.02KB)
高津区(PDF形式,48.80KB)
宮前区(PDF形式,54.20KB)
多摩区(PDF形式,52.54KB)
麻生区(PDF形式,43.11KB)

検査未実施発熱診療等医療機関(PDF形式,43.85KB)

神奈川県内で発熱診療を実施している医療機関一覧外部リンク

電話診療、オンライン診療を実施する医療機関一覧

患者急増の際は、抗原検査キット(体外診断用医薬品)で陽性の結果や画像等、または無料検査等での陽性の結果等を医師が確認することで、検査を省略して診断を行うことができます。かかりつけ医や電話・オンライン診療医療機関等にご相談ください。

電話診療、オンライン診療については、厚生労働省ホームページをご確認ください。
電話や情報通信機器を用いて診療を実施する医療機関の一覧、電話・オンライン診療の手順外部リンク

川崎市新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種コールセンター 

電話番号 044-200-0730

※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。受付時間 24時間(土日・祝日含む)
※上記の発熱診療等医療機関の連絡先等をご案内します。
患者数の急増の際は、つながりにくくなる場合があります

・医療機関の案内以外に、新型コロナウイルス感染症やワクチン接種に関する一般的な相談や、副反応に関する相談にも対応します。

・上記のコールセンターでは、ワクチン接種の予約はお受けしておりません。予約に関するお問い合わせは、0120-654-478(8:30~18:00)におかけください。

 

聴覚に障害のある方、電話での相談が難しい方はこちら

その他の相談窓口

厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日含む)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種コールセンター
電話:044-200-0730 ※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
受付時間 24時間(土日・祝日含む)
ファクス:044-200-3928