スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

3者協定による取組をまとめた動画ができました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年8月29日

コンテンツ番号142582

3者協定について

3者協定とは

 平成28(2016)年7月1日に聖マリアンナ医科大学と田園調布学園大学と宮前区役所は、福祉と医療が連携したまちづくりによる地域包括ケアシステムの推進を目指して包括協定を締結しました。

3者協定の取組

1.災害時にあなたを助けてくれるのは・・・

 宮前区の地域包括ケアシステムを推進するために区民アンケートで抽出された地域課題について両大学が学術的根拠の裏づけをいただきながらご近所づきあいの大切さをワークショップで共有したり宮前区地域ケア推進会議で作成した災害時保健医療ポスターを防災訓練の機会に配布し普及啓発に努めてきました。

 「災害時にあなたをたすけてくれるのは・・・」(形式,5. 10MB)

災害を通じて地域包括ケアシステムを推進するための普及啓発用ポスターを開きます。

2. 宮前区での福祉と医療が連携したまちづくりを目指して

 住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、地域のみまもりや近所づきあいが大切であり、災害に見舞われた時に落ち着いて行動するためには、日頃から正しい知識を身に着けておく必要があります。少子化、高齢化が進み、感染症や災害などで社会環境が大きく変化する現在、福祉と医療が連携したまちづくりの重要性はさらに高まっています。

 アンケート・ヒアリング調査や地域でのワークショップを実施し区民意識の把握を行いました。多くの公園体操が安全に実施されている様子やリモートでつながりづくりを工夫している様子を知ることができました。

「宮前区での福祉と医療が連携したまちづくりを目指して~区内関係機関等へのアンケート・事例ヒアリング結果」(PDF形式,5.87MB)

区内関係機関等へのアンケート・事例ヒアリング結果を開きます。

 

3.3者協定による今までの取組をまとめました

〈動画〉「聖マリアンナ医科大学・田園調布学園大学・宮前区三者協定 ご挨拶」外部リンク

〈動画〉「聖マリアンナ医科大学・田園調布学園大学・宮前区三者協定 取組報告」外部リンク

日頃から区民を支援している専門職やリーダーの人たちをはじめ、地域づくりに関わるさまざまな立場の人たちにご覧いただき、各地域での取組を進めて地域包括ケアシステムの推進につなげていただけたら幸いです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)地域支援課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2-20-5

電話:044-856-3302

ファクス:044-856-3237

メールアドレス:69sienta@city.kawasaki.jp