スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

療養費

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年4月1日

 次のような場合で、国保に加入している方が医療費等の全額を支払ったときには、後で申請することによって、療養の給付割合に応じて、7~9割相当額を口座振込により支給します。申請に必要な書類は、区役所保険年金課・支所区民センター保険年金係にあります。

1 急病等のため、被保険者証を持参できず、医療費の全額を支払ったとき

申請に必要なもの

  • 診療内容を記載した明細書(診療明細書)
  • 医療費の領収書
  • 被保険者証
  • 振込先金融機関、口座番号等の控え(世帯主名義)

2 医師の指示で、コルセットなどの治療用装具を作ったとき (日常生活用装具は除く)

申請に必要なもの

  • 医師の意見書
  • 装具代の領収書・装具の内訳書
  • 被保険者証
  • 振込先金融機関、口座番号等の控え(世帯主名義)
  • 製作した装具の写真(靴型装具の支給申請を行う場合に限る。)

3 柔道整復師の施術を受けたとき (骨折や脱臼については医師の同意が必要)

申請に必要なもの

  • 施術内容を記載した明細書
  • 施術費の領収書
  • 被保険者証
  • 振込先金融機関、口座番号等の控え(世帯主名義)

4 医師の同意を得て、はり・きゅう・マッサージ師の施術を受けたとき (支給要件に該当する疾病に限る)

申請に必要なもの

  • 施術内容を記載した明細書
  • 施術費の領収書
  • 医師の同意書
  • 被保険者証
  • 振込先金融機関、口座番号等の控え(世帯主名義)

5 輸血に生血を使ったとき

申請に必要なもの

  • 医師の輸血証明書
  • 生血の代金の証明書
  • 被保険者証
  • 振込先金融機関、口座番号等の控え(世帯主名義)

 

療養費を世帯主以外の口座に振込む場合は、世帯主の印鑑が必要になります。
医療機関等に費用を支払った日の翌日から2年以内に申請してください。
疲労回復や疾病予防の施術は支給対象外となります。

お問い合わせ先

川崎区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-201-3277
大師支所 区民センター 保険年金係 電話:044-271-0159
田島支所 区民センター 保険年金係 電話:044-322-1987
幸区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-556-6722
中原区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-744-3202
高津区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-861-3178
宮前区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-856-3275
多摩区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-935-3231
麻生区役所 保険年金課 国保給付・医療費助成係 電話:044-965-5264

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。