スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

フリボウ(ふりぼう)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5804

生活>食>水産

所在地

川崎市川崎区東扇島38‐1 川崎マリエン内

所有者

川崎の海の歴史保存会

フリボウ

フリボウ

フリボウ(振り棒)は、木ヒビや竹ヒビを海中に立てるための道具で、明治期から昭和10年代まで使われました。両腕を握り、マタの部分に片足を乗せて前後に揺すりながら、土中に1m近くも差し込み、穴をあけます。そしてこれを抜くと同時にヒビの根元を差し込みます。海底の土は柔らかく崩れやすいので、この作業にはかなりのコツが必要でした。砂地の場合は2人で作業をしたそうです。2m足らずの短いものから3m近い長いものまであって、水深に応じて使い分け、水深が深い場合はノリゲタを履いて作業をしました。昭和10年代半ばからは漁場が徐々に沖合いへ移ったこともあって、船上からポンプで穴をあけるようになり、フリボウは使われなくなりました。

一般公開 有

お問い合わせ先

川崎の海の歴史保存会 事務局

電話:044‐266‐4651

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp