スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ボウヌキカマ(ぼうぬきかま)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5808

生活>食>水産

所在地

川崎市川崎区東扇島38‐1 川崎マリエン内

所有者

川崎の海の歴史保存会

ボウヌキカマ

ボウヌキカマ

ボウヌキカマ(棒抜き鎌)は網ヒビの支柱を抜くための道具です。4m前後のヒノキの棒の先端にこのカマがついています。このカマを竹の支柱の根元にひっかけ、オオブネの上からウィンチを使って引き抜きました。昭和10年ごろまでは、干潮時にタテマンリキやニホンヅメ、サンボンヅメなどを使ってヒビ抜きをしましたが、浜が埋め立てられ、漁場が沖合いの深いところに移動してからはボウヌキカマやタケキリなどを用い、船の上で作業をするようになりました。

一般公開 有

お問い合わせ先

川崎の海の歴史保存会 事務局

電話:044‐266‐4651

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp