スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和5年度太陽光発電設備施工ID等取得支援業務に関する公募型プロポーザル実施のお知らせ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年7月27日

コンテンツ番号153219

令和5年度 太陽光発電設備施工ID等取得支援業務に関する公募型プロポーザル実施のお知らせ

 本市が令和5年度に実施する「令和5年度 太陽光発電設備施工ID等取得支援業務」の事業者を、公募型プロポーザル方式により選定します。

募集概要

1 件名

令和5年度 太陽光発電設備施工ID等取得支援業務

2 業務の目的

本業務は、今後の戸建住宅をはじめとした建築物への太陽光発電設備の普及を見据えて、既存建築物も含めた建築物への設備設置、そのメンテナンスといった増加が見込まれる需要に対し、市内の中小事業者が受け皿となることにより、市内経済の活性化につなげるとともに、脱炭素社会の構築に寄与するため、市内の中小事業者に対して、太陽光発電設備メーカーが認定する施工ID・電気IDの取得をするための研修に関する受講・修了支援を行い、太陽光発電設備設置能力の向上を図ることを目的とします。

3 業務内容(必ず募集要領もご覧ください)

(1) 研修事業の実施

 研修受講者が太陽光発電設備メーカーの認定する施工ID・電気IDの取得をするための研修を、太陽光発電設備メーカーと調整の上、企画・実施することとします。また、受注者は研修受講者の施工ID・電気ID認定に必要となる研修費用を負担することとします。

ア 研修受講の対象者

  太陽光発電設備設置を担う事業者のうち、募集要領に掲げる要件の全てに該当する市内の中小企業に所属する社員を対象とします。

イ 施工ID・電気ID想定認定者数

  施工ID・電気IDの両方を取得した想定認定者数は、延べ225名以上とします。ただし、当該事業の目的に沿って、予算の範囲内にてより多くの施工ID・電気ID認定者を確保するよう努めてください。

ウ 研修の企画

  国内住宅用太陽光発電設備の今後の設置状況、既存施設のメンテナンスなどを考慮し、研修を受講した者が将来的に事業に結び付けられるよう研修の企画を行うこととします。合わせて、市内事業者が研修の受講がしやすいよう工夫してください。

エ 研修受講者の募集

  受注者と川崎市が連携して、研修受講者の募集を行うこととします。受注者は企画した研修内容を周知するための広報物を作成し、川崎市はその広報物を用いて研修受講者の募集を行うこととします。なお、研修受講者の受付は川崎市が行い、受け付けた研修受講希望者の名簿を受注者と共有することとします。

オ 研修受講者との連絡調整

  受注者は、川崎市から共有された研修受講希望者の名簿により、研修受講希望者と研修受講に係る連絡調整を行うこととします。

4 プロポーザル参加資格(必ず募集要領もご覧ください)

このプロポーザルへの参加を希望する事業者は、次の条件を全て満たす必要があります。

(1) 川崎市契約規則第2条の規定に基づく資格停止期間中でないこと。

(2) 川崎市競争入札参加資格者指名停止等要綱による指名停止期間中でないこと。

(3) プロポ―ザル評価委員会実施時(令和5年8月)に、令和5・6年度川崎市業務委託有資格業者名簿に業種「99その他」に登録されていること。または、欠格要件に該当しないもの。(欠格要件は募集要領に記載)

ただし、(3)の「令和5・6年度川崎市業務委託有資格業者名簿に業種「99その他」」に登録されていない参加希望者は、応募書類提出時に、追加書類をすべて提出することで、プロポーザル参加資格を満たすものとします。(追加書類詳細は募集要領に記載)

5 履行期間

契約締結日から令和6年2月28日まで

6 選定方法

公募型プロポーザル方式とします。
選考は、本市が設置するプロポーザル評価委員会において実施します。

7 契約について

・受注者は、本業務にかかる契約書を作成する必要があります。

・本業務にかかる契約は、単価契約とします。

8 手続きにおいて使用する言語及び通貨

日本語及び日本円

9 募集要領など

提出書類様式

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局脱炭素戦略推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2508

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30dtanso@city.kawasaki.jp