スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市精神保健福祉センター 女性のための依存症電話相談について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月1日

コンテンツ番号106799

アルコールで言えば、体質的に男性より少ない飲酒量、飲酒機関で依存症になりやすく

乳がんや、胎児性アルコール症候群など女性特有の疾患を増大させると言われています。

 

アルコール、薬物、ギャンブル・・・やめたくてもやめられないと困っている女性の方。

これって依存症なのかしら?と悩んでいる女性の方。

家族や友人が依存症なのかもしれない行動に困っている方。

 

不安や悩みなどについて、一緒に考えていきます。

 

匿名でもご相談できます。

「女性のための依存症電話相談」

(川崎市精神保健福祉センター)

電話:070-6985-3155


〈相談日〉 毎週火曜日

〈相談時間〉 午後12時30分~4時30分

該当する日が祝日(振替休日)・年末年始に当たる場合は休みになります。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局総合リハビリテーション推進センター総務・判定課 健康福祉局 障害保健福祉部 精神保健福祉センター 診療相談係

〒210-0024 川崎市川崎区日進町5-1

電話:044-200-3242

ファクス:044-200-3974

メールアドレス:40risoumu@city.kawasaki.jp