スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市子ども・若者実態調査

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年11月10日

コンテンツ番号31829

制度内容

調査の概要

 川崎市では、昭和60年から5年毎に青少年の意識調査を実施しております。今回平成27年度の調査は、この30年間の動向の変化を把握するとともに、子ども・若者育成支援推進法の施行に伴い、これまでの24歳までから30歳までと対象年齢の上限を引き上げ、若者世代を広く対象とし、背景となる社会状況との関連、川崎市としての特徴等の観点から子ども・若者の意識及び行動等の実態、行政に対する意見等を広く把握し、今後の子ども・若者施策の基礎資料を得ることを目的としております。

調査地域

 川崎市全域

調査対象

 市内在住の満13歳~30歳の男女個人3,000人

関連資料

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局青少年支援室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2668

ファクス:044-200-3931

メールアドレス:45sien@city.kawasaki.jp