スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

みんな美味しい!郷土の味【市制100周年記念プレ事業】

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年2月22日

コンテンツ番号157233

みんな美味しい!郷土の味【市制100周年記念プレ事業】

 川崎市市制100周年を記念して、公立保育所では、川崎の特産品や郷土料理をアレンジした献立を取り入れて川崎の歴史や食をこどもたちに伝えるため、「みんな美味しい!郷土の味」事業に取り組んでいます。

 このページでは、保育園での取り組みの一部を市民の皆様に御紹介します。

川崎市の特産品を活用した献立をはじめています。1月は『花咲くクッキー』全国都市緑化かわさきフェアにちなんだクッキーのおやつでした。

かわさきの献立編(2)

 公立保育園では、令和5年10月から、梨、柿、大根等を使った料理を献立に取り入れています。(梨ジャム、柿ようかん、秋いろマフィン等)100周年を記念したさまざまな献立については事前に園内にポスター掲示をするなど、美味しく楽しく食べてもらえるよう工夫しています。

1月のかわさき献立は、「花咲くクッキー」

 1月は花には人参、葉には川崎でも育てられているほうれん草を練りこんだ『花咲くクッキー』です♪米粉を使ったクッキーなので、硬めの仕上がりでしたが、よく噛んで、おかわりして食べていました。


ポスターを作成して園内に掲示し、子どもたちにお知らせ。「今日はクッキーの日だね」と楽しみにする声も聞かれます。


給食さんが子どもたちのために作ってくれる『花咲くクッキー』園によっても雰囲気が違います。


こちらの園のクッキーは葉っぱが濃いめで、シュッとしてる?


「ほら、みて~、お花の形!」と嬉しそう。


よーく噛んで食べてるよ。


「葉っぱ、あった~!」「ぼくにもあるよ~」そして、一緒に食べてニコニコ。2倍美味しいね。


「お花から食べよう!」「ぼくは葉っぱから~」「美味しいね」と子どもたち同士で楽しんで食べました。


「花びらの形になってるね~」この保育園の給食室では、真ん中をくぼませてお花に見えるように工夫してくれました。

2月には川崎のソウルフード「元祖ニュータンタンメン本舗」とコラボし、「こどもニュータンタンメン」も登場します!

次回の記事をお楽しみに!

↓過去記事はコチラ↓

1月15日 のらぼう菜栽培編(1)(PDF形式,538.31KB)

1月24日 かわさきの献立編(1)_こどもニュータンタンメン(PDF形式,495.44KB)

1月30日 のらぼう菜栽培編(2)(PDF形式,699.57KB)

川崎市市制100周年記念事業 市の取組ページはこちら

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局保育・子育て推進部

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3985

ファクス:044-200-1517

メールアドレス:45suisin@city.kawasaki.jp