スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

富士見公園でぎんなんを拾おう!!(終了しました)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年10月20日

コンテンツ番号71543

富士見公園のぎんなんで秋を感じませんか

 今年も富士見公園に秋がやってきました。

 富士見公園のぎんなんを拾って、秋の味覚を堪能しませんか。

日時

平成27年10月17日(土)

10時から11時まで

場所

富士見公園テニスコート南側


対象者

区民の方であれば、どなたでも参加できます。

参加される方へ

・会場内の受付で、参加者証(下処理手順を掲載しています)をお受け取りください。

・拾う作業に必要なビニール袋とビニール手袋は、区役所が用意します。

・拾ったぎんなんは、そのままお持ち帰りいただいて構いません。

・ぎんなんの下処理ができない方は、受付で拾ったぎんなんを計量し、引換券を配布します。なお、引換は「はぐくみの里 秋の収穫感謝祭」の会場で行います。

 引換場所:富士見公園内にあるコミュニティーガーデン「はぐくみの里」

 引換日時:平成27年11月7日(土) 10時から12時まで

・富士見公園の銀杏の木は、栽培を目的として育てられているものではありませんので、ぎんなんの実が小さかったり、量が少なかったりする恐れがあります。あらかじめご了解ください。


下処理したぎんなん

実施結果

 平成27年10月17日(土)10時から11時まで、富士見公園テニスコート南側の銀杏の木をゆすり、参加した区民の方々に、ぎんなんを拾っていただきました。

 あいにくの天気にもかかわらず、イベントに参加した区民の方々、誠にありがとうございました。また、下処理(果肉剥き)を希望された方には、当初からご案内しているとおりの日程で引換えを行いますので、引換券をご持参ください。

 参加者:19名

 総収穫量:16.673kg(果肉の付いた状態の重量です)


区民のために銀杏の木をゆする大谷川崎区長

パネル展示企画「富士見公園の今と昔」

 ぎんなん拾いイベント会場と近接して、次のパネル展示を行っていますので、こちらもご参加ください。

内容

 来年、富士見公園は都市計画決定されてから80年を迎えます。
 そこで、戦中・戦後から現在まで、富士見公園周辺の様子をパネルで紹介します。
 なお、戦中・戦後の情報が乏しく、情報提供していただきたいと考えております。
 つきましては、イベント当日に情報提供用の書き込みパネルを用意しますので、ご存知の方々には積極的にご参加いただき、情報をご提供ください。

展示日時

富士見公園管理事務所玄関ホール

展示場所

平成27年10月17日(土)

9時30分から11時30分まで

富士見公園でぎんなんを拾おう!!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部企画課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3101

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61kikaku@city.kawasaki.jp