スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

カーボンニュートラルコンビナートの構築

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年5月24日

コンテンツ番号122854

川崎カーボンニュートラルコンビナート構想

 世界的な脱炭素化に向けた動きを受け、我が国においてもグリーン成長戦略の策定など、カーボンニュートラル化の潮流が加速しています。

 我が国が2050年のカーボンニュートラル社会実現を目指す中で、川崎臨海部が社会経済状況の変化や社会的要請に適切に対応し、日本のカーボンニュートラル化を牽引するモデル地域になるとともに、2050年以降も企業等に選ばれ続け、産業競争力のあるコンビナートであり続けるよう、あるべき将来像とその実現に向けた戦略を示すため、「川崎カーボンニュートラルコンビナート構想」を策定しました。

川崎カーボンニュートラルコンビナート構想
川崎カーボンニュートラルコンビナート構想パンフレット

これまでの検討経過

令和4年3月 構想案のパブリックコメント

川崎カーボンニュートラルコンビナート構想について、案としてとりまとめ、市民の方から意見を募集しました。

令和3年11月 検討状況の公表

令和3年6月 有識者会議による検討開始

 構想策定に向け、専門的見地からの意見等を聴取すべく、有識者による検討会議を令和3年6月7日に開催し、本格的な検討を開始しました。

令和2年12月 基礎的な検討を開始

世界的な脱炭素の潮流の中、国が2020年10月のカーボンニュートラル宣言を行い、カーボンニュートラル化に向けた動きが加速しています。

2050年カーボンニュートラルに向け、コンビナートの今後のあり方を検討するため、臨海部企業の実態調査や技術動向の把握など基礎的な調査・検討を開始しました。

川崎カーボンニュートラルコンビナート形成推進協議会

 川崎カーボンニュートラルコンビナート構想を推進するととに、カーボンニュートラルポートの形成を進めるため、「川崎カーボンニュートラルコンビナート形成推進協議会」及び「川崎港カーボンニュートラルポート形成推進協議会」を設立しました。


川崎臨海部企業のCO2削減に向けた取組

川崎臨海部企業のCO2削減に向けた取組を冊子で紹介しています。

川崎臨海部企業のCO2削減に向けた取組

クリックするとpdfファイルが開きます

臨海部ビジョンに基づく取組

  川崎市では、「臨海部ビジョン」(平成29年3月)に基づき、低炭素型インダストリーエリア構築プロジェクトを推進しています。世界的な脱炭素化の加速を踏まえ、川崎臨海部(以下「臨海部」)の産業の継続的な発展に向け、カーボンニュートラル化が実現しつつ、カーボンニュートラル産業等の振興により産業競争力が強化された地域である「カーボンニュートラルコンビナート」構築を目指します。

News & Topics

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 臨海部国際戦略本部成長戦略推進部 水素・エネルギー戦略担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2095

ファクス:044-200-3540

メールアドレス:59seisen@city.kawasaki.jp