スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

小林伸光 和服洗い張り 港屋京染店 川崎市川崎区 平成14年度認定かわさきマイスター

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月29日

かわさきマイスターのシンボルマーク

かわさきマイスターのシンボルマーク

ものづくりの原点である手をモチーフに、その発展を花の開花、鳥の羽ばたきの形で表現しています。

小林伸光(こばやしのぶみつ)

平成14年度認定かわさきマイスター 職種:和服洗い張り 川崎市川崎区

小林伸光さん写真

高級和服に不可欠な洗い張り「伸子張り」を継承し、その熟練の技は、顧客からも全幅の信頼があり、根強い需要がある。和服生地の見極めに精通し、洗い張りで、10年20年着た和服の汚れを取ると同時に繊維全体を新品同様に生き返らせる技能は素晴らしい。また、藍染めも継承し、小中学生に指導している。日本の和風の伝統を次世代に伝える貴重な職人である。

 川崎区在住。港屋京染店経営

仕事をはじめたきっかけは

初めから一人前になろうという気持ちがあったわけではなく、家業の人手が足りなかったので、自然に始めました。
8時半から仕事を始めて、お昼1時間休んで働き、夕食後にまた2時間働く。「これしかないのか」と嫌になり、抜け出して風に当たったこともありました。しかし、いつの間にか、知らず知らずのうちに仕事に愛着を持つようになっていました。地味な仕事だけど、お客さんが喜んでくれることを何よりも大切に思います。 

仕事をする上で1番おもしろいと感じることは

持ち込まれた和服を、元より何倍もよくしなければいけないのがこの仕事です。それが、思った以上によくできたときに励みになります。
よくできたというのは、きれいになるだけではなく、新しいものと同じような艶が出てくるということです。

長年、継続して技能研鑽に努めることができた理由は

他の道に行こうとは思いませんでした。
同業の同年代の仲間がいなかったのですが、青年部ができて参加するようになってから、世間が開けてきました。仕事は、修行などで他に出たことはなく、ずっと父から教えてもらいました。この仕事はマニュアルがありません。少しずつ覚えて行くので、いつ一人前になったかわかりません。先輩を見ながら学んでいくのみです。

小林さんが自分自身で誇れる技術は

特にありませんが、強いて言えば、伸子張りでしょうか。
着物はほどいて、洗い張り用の中性洗剤を少し使って水洗いします。最初から最後まで、シワが寄らないように、丁寧な仕事が要求されます。素材によって手法を変え、汚れを落としてきれいに仕上げていきます。まじめな仕事をしていれば、伝わるものがあります。
小林伸光さん作業風景
小林伸光さん作業風景2
小林伸光さん作業風景3

ものづくりの魅力とは

物が再生できるということです。近年エコと言いますが、着物こそ本当のエコだと思います。
江戸のエコは着物です。着物を着て、何度か洗い張りで再生し、穴が空いたらほころびをついで、ぼろになったら雑巾にして、後は燃やして灰になってこやしになる。最初から最後まで無駄がありません。
ここには、着物を使う職業の方のみならず、一般の方も来てくださいます。若い人からお年寄りまで、親子三代続いている方もいらっしゃいます。

今後、ものづくりを目指す方へ

ひとつのことを継続して長く続けると、その道を卓越することになります。長く続けることで、他の人より先んじるのが大切です。
この仕事はすごく目立たない仕事なので、頑張るって気持ちがないと埋もれてしまいます。以前、中学校で職人技を披露したら喜んでくれました。ひとつのことをずっとやっていたから一人前になれた、という主旨で授業に呼ばれました。やはり継続することが大切なのだと思います。  

下記サイトでは小林さんの技術を動画やマンガでお伝えしています

平成14年度認定かわさきマイスター 小林伸光さん(和服洗い張り) (Youtube動画外部サイトへリンクします

小林伸光さん紹介マンガ (PDFデータ)

問合せ先

港屋京染店

  • 川崎区東門前1-10-14
  • 電話 044-266-3625
  • ファクス 044-266-3625
  • 営業時間 午前9時30分~午後7時00分
  • 休み 毎月3日・13日・23日
  • HPは「港屋京染店 小林伸光」で検索してください

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部 技能奨励担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2242

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp