スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

使用済みプラスチックアンモニア原料化施設 (しようずみぷらすちっくあんもにあげんりょうかしせつ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年3月4日

 市町村から引き取られたプラスチック製容器包装の再商品化を目的とした国内最大規模のプラスチック・ケミカルリサイクル施設。
 この施設は、(1)廃プラスチックを破砕し、減容成形品とする工程、(2)減容成形品を高温と低温の加圧二段式ガス化炉で熱分解し、水素と一酸化炭素の合成ガスを生産するガス化工程の2工程からなる。塩化ビニルの分別が不要で、全てのプラスチックの処理が可能。合成ガス中の塩素や硫化水素も、工業塩や硫黄として回収しリサイクルする他、不燃灰分は水砕スラグ化して路盤材や改良土の原料として利用するなど、廃プラスチックを100%リサイクルしている。

使用済みプラスチックアンモニア原料化施設

見学可
※要予約

見学申込方法

要予約、工場見学のホームページをご覧ください。

見学可能日時

団体:月~金曜(祝日・年末年始除く) (1)10:30~(2)13:30~
個人:随時

見学所要時間

約90分

問合せ窓口

昭和電工株式会社(株)川崎事業所

電話番号

044-322-6979

資料所在地

川崎市川崎区扇町5-1
昭和電工(株)川崎事業所内

URL

アクセス

JR川崎駅から臨港バス20分 JX日鉱日石エネルギー川崎事業所前下車徒歩1分

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp