現在位置:

世界初のラップトップPC T1100 (せかいはつのらっぷとっぷPC T1100)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年11月5日

 東芝が世界で初めて発売したハードディスク内蔵のラップトップPC。膝(ラップ)の上に置くPCという意味からそう呼ばれた。1980年代初期のPCは、現在のデスクトップ型と比較にならないほど大型で、複数の人が1台のPCを共有し、PCを設置した場所にユーザーが移動して使用していた。
 T1100は、「だれでも、いつでも、どこでも」使えるPCを目指して開発され、1985(昭和60)年に欧州で発売を開始、その後アメリカ・日本でも発売し、大ヒットとなって数々の賞を受賞した。市場ニーズに合った優れた操作性、小型・高性能は高い評価を得て大いに受け入れられた。また、これらの小型軽量化・低価格化などを実現したさまざまな技術は、PC事業拡大はもとより、関連部品産業の発展にも大きく貢献した。近年、IEEE、電気学会、情報処理学会等で産業遺産として認定された。

 世界初のラップトップPC T1100

見学可

見学申込方法

予約不要

見学可能日時

月曜日(祝日を除く)・特定休館日

火~金曜日 10:00~17:30
土・日・祝日 10:00~18:00

問合せ窓口

東芝未来科学館

電話番号

044-549-2200

資料所在地

川崎市幸区堀川町72-34 ラゾーナ川崎東芝ビル2階 東芝未来科学館内

URL

アクセス

JR川崎駅西口から徒歩1分

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp