スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

市内生産額

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2011年2月14日

コンテンツ番号11212

 市内生産額とはほぼ市内の産業別の売上の合計と捉えられる概念です。平成12年の川崎市内生産額は、10兆8952億円であり、全国の1.1%、県内の18.0%を占めています。

生産額の神奈川県、全国との比較

 市内生産額の産業構成割合は、第2次産業が46.8%、第3次産業が53.2%であり、第3次産業が市内生産額の約2分の1強を占めています。しかし、川崎市の第2次産業のシェアは、全国、神奈川県を上回っており、全国平均と比較すると2次産業が重要な地位を占めていることが確認できます。

生産額の産業3区分別構成比の神奈川県・全国との比較

※1次産業:農林漁業、2次産業:鉱業・製造業・建設業、3次産業:その他

 32部門で市内生産額の産業別構成比をみると、川崎市では石油・石炭製品の生産額が最も大きく、対事業所サービス、化学製品の順で構成比が大きくなっています。基礎素材型の製造業の生産額構成比の大きいことが川崎市の特徴となっています。

生産額構成比の神奈川県、全国との比較(32部門)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部統計情報課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2067

ファクス:044-200-3799

メールアドレス:17tokei@city.kawasaki.jp