スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

令和4年中の川崎市の火災概要

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年1月17日

コンテンツ番号20085

火災の状況

火災の状況
 火災件数死者負傷者主な火災原因
放火こんろたばこ
令和4年345564585439
令和3年3631153713251
増減-18-611-1322-12

1 火災件数

令和4年中の火災件数は345件で、令和3年の363件から18件減少し、1日あたりの発生件数は約0.9件でした。

また、過去10年間の平均火災件数は約348件となります。

火災件数を建物、車両及びその他の火災に分類すると、建物火災が242件と最も多く、全体の70.1%を占めています。

 

2 火災原因

火災原因は、「1位 放火58件」、「2位 こんろ54件」、「3位 たばこ39件」の順となっており、前年と比較すると「放火」は13件減少、「こんろ」は22件増加、「たばこ」は12件減少しています。

 

3 火災による死者及び負傷者の状況

火災による死者は5人で、前年と比較すると6人減少しており、死者の発生原因別では、逃げ遅れによるものが3人、不明が2人となっています。

年齢別では、65歳以上の高齢者が4人、不明が1人となっています。

火災による負傷者は64人で、前年と比較して11人増加しています。

 

4 消防局から市民の皆様へのお願い

1.「放火」が火災原因の最上位であることから、家の周りに燃えやすい物を置かない、ごみは決められた日の朝に出すなど、「放火されない環境づくり」に御協力をお願いします。

2.住宅火災による被害の軽減に向けて、「住宅用火災警報器」の設置及び適正な維持管理をお願いします。いざというときに正しく作動するよう、定期的に作動確認を行うことを習慣づけてください。

3.調理中のこんろの火が袖口に燃え移るなど、使用器具の火が身に着けている衣類に着火する「着衣着火」が、近年、多発しています。寒くなる季節は特に注意しましょう。

4.こんろ火災が、前年と比較すると22件増加しています。「調理中はその場を離れない。」、「こんろの周囲に燃えやすい物を置かない。」といった基本的なことを習慣づけてください。

5.火災原因上位の放火、こんろ、たばこ以外にも、日常には思わぬ火災危険が潜んでいます。消防局では「火災を防ぐ豆知識」として、各種火災原因の予防対策を御紹介しておりますので、ぜひ御覧ください。

 

5 報道発表資料

川崎市消防局では、令和4年中の火災概況を報道発表しております。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部予防課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2717

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84yobo@city.kawasaki.jp