ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

サンキューコールかわさき

市政に関するお問い合わせ、ご意見、ご相談

(午前8時から午後9時 年中無休)

閉じる

現在位置

ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~

  • 公開日:
  • 更新日:

What's New

第1回昼間の読書会を開催します。

『ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0』を読んで、参加者同士で感想やエピソードを話し合う読書会を開催します。ソーシャルワークや相談支援を実践する上での新たな視点を得たり、実践を振り返ったりしませんか?

令和6年度は、対面で行う「昼間の読書会」(令和6年度中に全10回)と、Zoomで行う「夜の読書会」(令和6年度から令和7年度にかけて全10回)を開催します。いずれもNo.1のパターンから3つずつ取り上げていきます。興味のある回だけ参加いただくことや、「昼間の読書会」と「夜の読書会」両方にご参加いただくことも可能です。

皆さまの参加を心からお待ちしております。

【日時】令和6年6月19日(水曜日)15時30分~17時

【会場】川崎市総合リハビリテーション推進センター会議室(川崎市川崎区日進町5-1 川崎市複合福祉センターふくふく2階)

【内容】『ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ』とは、感想・エピソード等の共有

【定員】15名程度(申込先着順)

【申込方法】専用申込フォーム(以下のURLまたは添付のチラシに記載されている二次元コードからアクセス)から令和6年6月12日(水曜日)までにお申し込みください(申込先着順です。定員に達し次第申込受付を終了します)。

<申込フォーム>https://logoform.jp/form/FUQz/589141外部リンク

第1回夜の読書会を開催します。

定員に達したため、申込受付を締め切りました。

【日時】令和6年5月31日(金曜日)19時30分~21時

【開催方法】Zoom

【内容】『ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ』とは、感想・エピソード等の共有

【定員】15名程度(申込先着順)

【申込方法】定員に達したため、申込受付を締め切りました。

第1回使い方講座を開催します。

『ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0』をさまざまな場面で活用していただけるように、使い方講座を開催します。「一人で読む以外に使い方があるの?」 「研修や勉強会で使ってみたいけど使い方がわからない」という方は、ぜひご参加ください!

【日時】令和6年6月6日(木曜日)9時30分~11時30分

【会場】川崎市役所本庁舎復元棟3階301・302会議室(川崎市川崎区宮本町1)

【内容】『ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ』とは、主な使い方の紹介(体験含む)

【定員】30名程度(申込先着順)

【申込方法】専用申込フォーム(以下のURLまたは添付のチラシに記載されている二次元コードからアクセス)から令和6年5月30日(木)までにお申し込みください(申込先着順です。定員に達し次第申込受付を終了します)。

<申込フォーム>https://logoform.jp/form/FUQz/578063外部リンク

「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0」を発行しました。

川崎市では、令和6年3月に「高齢者がいきいきと暮らすためのソーシャルワーク実践のコツ ~ともに未来をつくる~ Ver.0.9」を改訂・改題し、「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0」を発行しました。

元々は高齢者を対象にしたソーシャルワーク実践のコツをまとめたものでしたが、基幹相談支援センターや病院などでソーシャルワーク業務に従事する方々に追加インタビューを行い、あらゆる分野のソーシャルワークに通じるパターン・ランゲージとして作り直しました。ぜひ多くの方に、本書で紹介する「ことば」をヒントにしながら、自分たちなりのソーシャルワークを実践していっていただければ幸いです。

※冊子版・カード版のデータはこのページの下部からダウンロードできます。

「地域包括ケア担当職員セミナー」で『高齢者がいきいきと暮らすためのソーシャルワーク実践のコツ』を紹介させていただきました。

一般社団法人長寿社会開発センターがオンデマンド配信している「地域包括ケア担当職員セミナー」で、改訂前の『高齢者がいきいきと暮らすためのソーシャルワーク実践のコツ ~ともに未来をつくる~ Ver.0.9』を紹介させていただきました。動画は、『高齢者がいきいきと暮らすためのソーシャルワーク実践のコツ』の作成経緯・プロセス・内容を紹介する「基礎編」と、具体的な活用方法を紹介する「実践編」の2つに分かれています。ぜひご覧ください。

動画はこちらから↓

一般社団法人長寿社会開発センター「地域包括ケア担当職員セミナー」外部リンク

「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ」とは

川崎市では、ソーシャルワークを行う上で大切なことを、「パターン・ランゲージ」の手法を使って30個の「ことば」にまとめました。

高齢者や障害者、子ども、生活困窮者などさまざまな分野のソーシャルワークや相談支援業務に従事する方々が、職場や研修などさまざまな場で活用していただける内容になっています。なお、本書は冊子版の他に、研修等で使いやすいよう冊子版の内容を抜粋したカード版も用意しています。

ぜひ多くの方に、本書で紹介する「ことば」をヒントにしながら、自分たちなりのソーシャルワークを実践していっていただければ幸いです。

冊子イメージ

「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0」冊子版

「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ ~ともに未来をつくる30のヒント~ Ver.1.0」カード版

経験チェックシート・経験チャート

パターン・ランゲージとは

「パターン・ランゲージ」は、良い実践の秘訣を共有するための方法です。成功している事例やその道の熟練者に繰り返し見られる「パターン」を抽出し、抽象化を経て言語(ランゲージ)化しています。そういった成功の“秘訣”ともいうべきものは、「実践知」「センス」「コツ」などといわれますが、なかなか他の人には共有しにくいものです。パターン・ランゲージは、それを言葉として表現することによって、秘訣をもつ個人が、どのような視点でどのようなことを考えて、何をしているのかを他の人と共有可能にします。

「パターン」は、いわば型のようなものをもっており、決まったルールで書かれています。どのパターンも、ある「状況」(context)において生じる「問題」(problem)と、その「解決」(solution)方法がセットになって記述され、それに「名前」(パターン名)がつけられています。このように一定の記述形式で秘訣を記することによって、「名前」(パターン名)に多くの意味が含まれ、それが共通で認識され、「言葉」として機能するようになっているのです。

パターン・ランゲージのよい点は?

(1)経験の交換・蓄積

「言葉」として対話のなかで使うことで、「秘訣」を共有できます。

(2)認識のメガネ

「言葉」がなければ見えない現象を認識できるようになります。

(3)経験の連続性

自分の経験を活かしつつ、他の人の成功の経験則を取り入れることで、その人らしさを肯定しながら成長することを促します。

「ソーシャルワーク実践のためのパターン・ランゲージ」の活用方法

本書は、各パターンをヒントにして自らの実践に活かすことができるとともに、研修のツールとして用いることもできます。本書を一通り読むだけでも十分参考になると思いますが、他にも以下のような活用方法があります。

(1)実践を語り合い、対話する

職場や研修などの場面でパターンを用いて、経験談を語り合い、対話を行います。たとえば、パターンの中から自分が経験したことがあるパターンを選んで、それをみんなに見せながら、経験談を語ってみて、それを聞いた人から感想などを聞いてみるようにします。

対話を行う際には、冊子版を活用することもできますが、カード版を使うと、本書を読んだことがない人でもすぐにパターンの内容を理解することができ、話をすることができるようになります。

読書会写真
研修写真

(2)実際の支援事例の分析に使う

たとえば地域ケア会議や事例検討会など実際の支援事例について検討する際に、支援がうまくいっていない要因やどうすれば改善するのかを、パターンを用いて分析してみます。パターンを用いることで、参加者間で現状や課題についての共通認識を持つことができ、前向きな対話や議論ができるようになります。

(3)自分の実践を振り返る

このページにデータを掲載している「経験チェックシート」「経験チャート」を活用して、自分がこれまで経験のあるパターンと、まだ経験のないパターンを分けて把握することで、自身の実践について自己分析をしてみます。その結果を見て、現在の自分の特徴を把握してみます。

経験チャート

こんなときは、お気軽にご相談ください。

  • 活用してみたいけれど、使い方がわからない。
  • 研修・勉強会を開催したい。

総合リハビリテーション推進センターでは、活用方法に関する出前講座や、研修・勉強会開催のお手伝いなどを行っておりますので、下記お問い合わせ先までご相談ください。

お問い合わせ先

川崎市健康福祉局総合リハビリテーション推進センター企画・連携推進課高齢者支援担当

住所: 〒210-0024 川崎市川崎区日進町5-1

電話: 044-223-6953

ファクス: 044-200-3974

メールアドレス: 40rikikak@city.kawasaki.jp

コンテンツ番号149753