スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

出産・子育て応援事業(国の出産・子育て応援給付金)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年9月12日

コンテンツ番号146038

川崎市では、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」(令和4年10月28日閣議決定)において国が創設した「出産・子育て応援交付金事業」について、妊娠・出産された方に支援を早期に届けることを目指し、既存の取組をいかしながら、「出産・子育て応援事業」を実施して、伴走型相談支援を拡充するとともに、経済的支援として現金を給付します。



 

1 事業内容

妊娠届出から全ての妊婦・子育て家庭に寄り添い、継続的に相談に応じる「伴走型相談支援」と「経済的支援」を一体として実施します。

(1)伴走型相談支援

ア【1回目・妊娠届出時】妊娠届出時の専門職による全数面接(継続)

イ【2回目・妊娠8か月頃】オンラインによるアンケートを実施し、相談希望妊婦等の面接を実施(新規)

ウ【3回目・出産後】「新生児訪問」又は「こんにちは赤ちゃん訪問」の乳児家庭全戸訪問時に面接等を実施(継続)

※イについては新規の取組、ア及びウについては既存の取組となります。

(2)経済的支援

ア「出産応援ギフト」として妊娠届出後に妊婦1人当たり5万円を給付

イ「子育て応援ギフト」として乳児家庭全戸訪問後に新生児1人当たり5万円を給付

※所得制限はありません。

※「3 事業対象者(3)」の方は、令和4年4月1日以前に妊娠届出をされていてもア及びイを一括で支給します。

2 事業開始日

令和5年2月22日

3 事業対象者

(1)令和5年3月1日以降に妊娠届出をした方、妊娠8か月頃の方、出産後の方

(2)令和4年4月1日から令和5年2月28日までに妊娠の届出をした方

(3)令和4年4月1日から令和5年2月28日までに出産した方

※(2)、(3)は経過措置(2月中に妊娠届・出生届を出した方も経過措置対象とします)

【他都市で出産応援ギフト・子育て応援ギフトを申請し、川崎市に転入した方へ】

(1)川崎市に転入された方で、転入前の自治体で出産応援ギフト、子育て応援ギフトを申請していた場合

 →川崎市から出産応援ギフト・子育て応援ギフトは受け取れません。

(2)転入前の自治体で妊娠届出をし、出産応援ギフトを申請した後、妊娠中に川崎市に転入した場合

 →川崎市で出産応援ギフトは受け取れません。出産後に子育て応援ギフトは受け取れます。

※出産応援ギフト・子育て応援ギフトは、国の「出産・子育て応援交付金事業」に基づいて給付された現金・クーポン等を指します。転入前の自治体で出産応援ギフト・子育て応援ギフトに該当するものを申請したかどうかは、転入前の自治体に御確認ください。

【他都市で出産応援ギフト・子育て応援ギフトを申請していない川崎市へ転入した方へ】

 (1)令和4年4月1日~令和5年2月28日までに他都市で出産し、その間に川崎市に転入した場合           

   →川崎市から出産応援ギフト・子育て応援ギフトを支給します。

 (2)令和4年4月1日~令和5年2月28日までに他都市で妊娠届出を提出後、その間に川崎市に転入した場合

   →川崎市から出産応援ギフトを支給します。(出産後に別途子育て応援ギフトを支給します。)

4 経過措置支給対象者の申請について【重要】

3 事業対象者のうち、(2)令和4年4月1日から令和5年2月28日までに妊娠の届出をした方、及び(3)令和4年4月1日から令和5年2月28日までに出産した方については、出産・子育て応援ギフトの申請受付を令和5年8月31日をもって終了しました。

なお、やむを得ない事情により期限内に申請できなかった方は、期限後でも申請できますが、遅延理由が必要となります。遅延理由を御記入いただく項目を設けておりますので、そちらの項目に御記入ください。

※申請受付後、遅延理由について川崎市より問い合わせる場合があります。

●やむを得ない特別な事情(例示)
・長期間の入院をしていた場合
・継続的に海外で生活しており、帰国していなかった場合
・施設に入所していた対象児童を引き取った場合
・里帰り出産のため生活拠点を移しており、住民票のある市で面談等ができなかった場合など

※なお、この場合に限っても、令和6年3月1日以降の申請はできませんので御注意ください。(令和6年2月29日をもって申請フォームの公開ページは閉鎖します。)

5 ギフトの申請方法

●令和5年3月1日以降に区役所に妊娠の届出をされた方には、その場で出産応援ギフト申請方法について案内します。(妊婦以外の方が届出された場合は、その場で案内できません。別途妊婦の方との面接が必要となります。)

●令和5年3月1日以降に出産された方には、新生児訪問時またはこんにちは赤ちゃん訪問後に子育て応援ギフトの案内をします。

なお、申請内容の審査終了後、審査結果の通知を郵送します。通知送付後、順次指定の口座へ応援ギフトを振り込みます。

※審査の段階で「テルウェル東日本株式会社 神奈川支店」よりメール又は電話にて連絡することがあります。「テルウェル東日本株式会社 神奈川支店」は、川崎市が本事業における事務処理センター業務を委託している会社になりますので御安心ください。


※原則、電子申請による受付です。(紙での申請を希望する場合は、出産・子育て応援事業コールセンターにお電話ください。)
※通知に申請方法が記載されています。通知が届いていない方はご申請いただけませんので、通知が届くまでお待ちください

【振込時期について】

申請いただいた方から順次審査を行い、審査が完了しましたら審査結果の通知を送付し、その後振込を行います。
申請から入金まで最長3か月程かかる場合がありますので、御了承ください。

6 出産・子育て応援事業に関するよくある質問

7 お問い合わせ(出産・子育て応援事業コールセンター)

出産・子育て応援事業に関するコールセンターを開設しています。

電話番号:0120-123-004(フリーダイヤル)

受付時間:平日8時30分から17時15分まで(土日祝、年末年始12月29日から1月3日を除く)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

こども未来局 児童家庭支援・虐待対策室 母子保健担当
電話:044-200-1312
ファックス:044-200-3638
メールアドレス:45boshiho@city.kawasaki.jp
住所:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地