スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

井田中ノ町福祉交流農園について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年6月29日

コンテンツ番号121509

井田中ノ町福祉交流農園とは

 中原区井田中ノ町において、農業を通じた交流の促進や障害者の活動の場づくりに取り組む「福祉交流農園」を平成30年に開園しました。

 「福祉交流農園」は、障害者支援に取り組むNPO法人「あかね」と川崎市が共同で運営し、市民の方を対象に収穫体験イベント等の開催を行っています。

井田中ノ町福祉交流農園の看板の写真です。

井田中ノ町福祉交流農園の看板の写真です。

農園の畑の一角の様子です。

農園の畑の一角の様子です。画像は10月に撮ったものです。

1.概要

  • 所 在 : 川崎市中原区井田中ノ町751番地
  • 面 積 : 1,479平方メートル(耕作面積は約1,000平方メートル)
  • 施 設 : 水道、倉庫
  • 東急東横線元住吉駅から徒歩約20分
  • 川崎市営バス「井田営業所前」停留所から徒歩4分

2.活動について

 市民・障がい者の方と一緒に農作業を行い、障がい者の方の活動の場づくりや参加者の交流を図っております。

 下記の画像は、10月に行った1日の活動の様子を撮ったものです。

サツマイモのつる刈りを行っている様子です。

サツマイモのつる刈りを行っている様子です。つるを刈った後、収穫を行います。

サツマイモの収穫を行っている様子です。

つるを刈った後、サツマイモの掘り出しを行っている様子です。サツマイモを傷つけないよう、周りをスコップで掘っています。

玉ねぎの畝を作っている様子です。

玉ねぎの畝を作っている様子です。クワで土を入れ、真ん中のひもを張ったところに畝を作ります。

作った畝に、マルチを張っている様子です。

作った畝に、マルチ(作物の株元を覆うシート)を張っている様子です。時期になったら、空いている穴に玉ねぎの苗を植えていきます。

ボランティアや障がい者の方たちが、活動の合間に休憩している様子です。

ボランティアや障がい者の方たちが、活動の合間に休憩している様子です。皆さん、和気あいあいと話されています。

3.収穫体験イベントについて

 福祉交流農園では、年に2回ほど、育てた野菜等を利用し、収穫体験を実施しております。募集については、ホームページやチラシなどで行っております。

 下記の写真は、令和元年度の春の収穫体験イベントの様子です(令和2年度については、新型コロナウイルスのため、中止となっております)。

参加者の方が、テント前に集まっている様子です。

参加者の方が、テント前に集まっている様子です。イベントの注意事項などを説明しています。

ジャガイモの収穫を行っている様子です。

ジャガイモの収穫を行っている様子です。葉っぱの先にいくつものジャガイモが実っています。

玉ねぎの収穫を行っている様子です。

玉ねぎの収穫を行っている様子です。大きな玉に育ちました。

4.市民ボランティアについて

  ※現在はボランティアの方の募集を停止しております。ボランティアの方が

   少なくなった場合などに、募集を再開することがあります。

 井田中ノ町福祉交流農園では、市民ボランティアの方とともに活動を行っております。以下は、市民ボランティアに関する概要等です。

  • 活動内容
     農作物栽培や農園管理にかかる作業
       (農作物の手入れ・水やり・除草など。農作物は収穫体験イベント等に向けて育てるものです。)
  • 活 動 日
     月2回(第2木曜日の午前・第4木曜日の午前)を予定。2~3時間程度。天候により中止もあります。)
  • 活動期間
     令和5年3月末まで
  • 参加費用
     無料(交通費は自己負担となります。その他、軍手や長靴もご用意ください)
  • 主催
     NPO法人あかね、川崎市
  • 募集対象
    自転車又は徒歩で来園が可能な市民の方(駐車場はありません)。また、年齢・農作業経験の有無は問いません。ご家族での参加も可能です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業振興課

〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7

電話:044-860-2462

ファクス:044-860-2464

メールアドレス:28nogyo@city.kawasaki.jp