スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

鶴見川

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月31日

コンテンツ番号18752

 鶴見川は、東京都町田市上小山田町を水源として多摩丘陵を流下し、川崎市、横浜市を大きく蛇行しながら、東京湾に注ぐ全長42.5km、流域面積235k平方メートルの一級河川です。鶴見川は流域の形が動物のバクに似ていることから、「バクの川」とも呼ばれています。

鶴見川流域図

流域が急激に都市化し洪水を繰り返した鶴見川は、まちづくりの面から治水を考える「総合的治水対策」のさきがけとなりました。

もっと詳しく知りたい方は、京浜河川事務所のページ外部リンク

鶴見川1

麻生区早野地内

鶴見川2

麻生区早野地内

流域治水

 気候変動による降水量の増大や水害の激甚化・頻発化など、今後、懸念される水災害のリスクの増大に備えるためには、これまでの河川管理者・下水道管理者等による治水だけでなく、流域に関わる関係者が、主体的に治水に取り組む社会を構築する必要があります。
 このため、各流域において、河川管理者・下水道管理者の他、あらゆる関係者からなる流域治水協議会等において、流域全体で取り組む具体的な治水対策の全体像を、国や県、市町村と連携して検討し、早急に実施すべき対策を「流域治水プロジェクト」として取りまとめ、流域治水を計画的に推進していくこととなりました。
 鶴見川における流域治水プロジェクトについて、下記を参照ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局道路河川整備部河川課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク14階

電話:044-200-2903

ファクス:044-200-7703

メールアドレス:53kasen@city.kawasaki.jp