スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

かわさきノーマライゼーションプラン

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年10月25日

コンテンツ番号32876

第5次かわさきノーマライゼーションプラン

本市においては、障害者基本法に基づく「障害者計画」、障害者総合支援法に基づく「障害福祉計画」、児童福祉法に基づく「障害児福祉計画」について、 「かわさきノーマライゼーションプラン」として一体的に策定することで、障害福祉施策全体の推進を図っております。

令和3(2021)年3月末に、令和3(2021)年度以降の新たな計画として、「第5次かわさきノーマライゼーションプラン」を策定し、本計画に基づく施策・事業を展開しております。なお、本プランに含まれる各計画の概要は以下のとおりです。

  • 障害者計画は、障害福祉施策の方向性等に関する基本計画で、計画期間は令和3(2021)年から令和8(2026)年の6年間です。
  • 障害福祉計画、障害児福祉計画は、重点的に取り組む目標や各年度におけるサービス見込量などを定める計画で、計画期間は令和3(2021)年から令和5(2023)年の3年間です。

※本計画の策定に関するパブリックコメントの結果については、第5次かわさきノーマライゼーションプラン(案)に関する意見募集についてのページを御確認ください。

※本編の音声版(CD版)を御希望の場合には、下記連絡先までお問い合わせください。(数に限りがありますが、御希望の方には配送させていただきます。)

令和元年度障害のある方の生活ニーズ調査

1 調査対象

ア 障害のある方向けの調査

 身体障害児・者、知的障害児・者、精神障害者、自立支援医療(精神)受給者、特定医療費(指定難病)医療受給者、高次脳機能障害者、発達障害児・者、特別支援学校通学者、療育センター利用者、施設入居者、グループホーム入居者

イ 事業所向けの調査

 居宅系事業者、グループホーム、施設系事業者、相談支援事業者

2 調査時期

 令和元(2019)年11月から12月

3 調査方法

 郵送、直接配布、インターネット等

令和4年度障害のある方の生活ニーズ調査

令和5年度に予定している「第5次かわさきノーマライゼーションプラン」の改定に向けて、障害のある方などの生活状況や支援ニーズを把握するため、アンケート調査を実施しています。 

川崎市生活ニーズ調査ウェブアンケート

調査対象者の方には、令和4年10月下旬から11月上旬にかけて、紙の調査票を郵送または配布しています。 紙の調査票が届いている方は以下のアンケートサイトから御回答いただくこともできます。

関連記事

川崎市生活ニーズ調査コールセンター

調査について御不明な点があれば「川崎市生活ニーズ調査コールセンター」までお問合せください。

1 電話番号・ファクス

 電話 0120-525-502

 ファクス 044-200-3932

2 開設期間

 令和4年10月25日(火)から令和4年11月30日(水)

3 受付時間

 月曜日から金曜日(祝日を除く)

 午前8時30分から午後5時15分

4 委託業者

 株式会社グリーンエコ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害計画課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2654

ファクス:044-200-3932

メールアドレス:40syokei@city.kawasaki.jp