スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

「通電火災」にご注意を!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年11月5日

ご存知ですか?通電火災

「通電火災」とは、地震、台風等の自然災害の影響により、停電から電気が復旧することによって発生する火災のことをいいます。

通電火災は、阪神淡路大震災や東日本大震災において、火災による二次災害が頻発したことでその要因として注目されました。

台風

最近では台風による停電からの復旧によって通電火災が発生したことがニュースになり、出火防止対策に関心が集まっています。

火災に至る主な経緯は次のとおりです。

  1. 電気ストーブ、アイロン等の電気機器の電源が入ったまま再通電したことにより、接していた可燃物を過熱し出火
  2. 電線、引込線、屋内配線が損傷した状態で通電し、配線の短絡(ショート)や樹木の接触による地絡(漏電)によって、火花が発生し出火
  3. 分電盤、家電等の電気機器の基盤が水に濡れたことによってできた想定外の電気回路に通電したことにより、短絡やトラッキングが発生し、内部から出火

通電火災は防げます!

出火のメカニズムを理解して適切な対策をとることができれば、通電火災の発生を防ぐことができます。

【対策1】再通電しても出火危険がない状態にしておく!

ブレーカーOFF

〇停電時に家を空ける際には、ブレーカーを落としましょう。

〇停電中は家電等の電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜いておきましょう。

【対策2】再通電させる前に家の周囲や室内を確認する!

〇家の外壁や周囲の状態から、電線や引込線の断線や損傷がないか確認し、異常があれば電気業者に連絡しましょう。

分電盤が濡れていないか、屋内配線が損傷していないか確認し、異常があれば電気業者に連絡しましょう。

【対策3】再通電させる前に電気機器を確認する!

アイロン

〇電気ストーブ、アイロンなどの電気機器の電源が入ったままになっていないか確認しましょう。

電気機器の周囲を整頓し、燃えやすい物が接していないか確認しましょう。

電気機器の本体や配線に損傷がないかよく確認し、異常があれば使用しないようにしましょう。

一度水に浸かってしまった電気機器は、乾燥させたとしても内部の配線や基盤が故障している可能性があり、通電させると出火の危険がありますので、使用せずにメーカーにご相談ください。

通電火災の出火防止対策

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部予防課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2703

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84yobo@city.kawasaki.jp