スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

住宅防火 いのちを守る 10のポイント 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年3月11日

コンテンツ番号21020

住宅防火対策について、これまで、「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」として広報を行っていましたが、近年の火災を取り巻く状況の変化や、高齢者の生活実態等を踏まえ、今後は、「住宅防火 いのちを守る 10のポイント」(総務省消防庁作成)について注意していただきますようお願いいたします。

日頃からの習慣対策で、住宅火災を防ぐことができますので、ご協力をお願いいたします。

4つの習慣

4つの習慣イラスト

(1)寝たばこは、絶対にしない、させない

(2)ストーブの周りに燃えやすいものを置かない

(3)こんろを使うときは火のそばを離れない

(4)コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く

 

6つの対策

6つの対策イラスト

(1)出火防止

火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する

(2)早期覚知

火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する

(3)延焼拡大防止

火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する

(4)初期消火

火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく

(5)早期避難

お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路避難方法を常に確保し、備えておく

(6)地域の助け合い

防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う

住宅防火 いのちを守る 10のポイント

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部予防課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2703

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84yobo@city.kawasaki.jp