橘樹神社と富士見台古墳

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年7月1日

橘樹神社

橘樹神社

富士見台古墳

富士見台古墳

住所

高津区子母口122ほか

交通案内

JR「武蔵新城駅」から東急バス城01系統「綱島駅」行き、「子母口」下車、徒歩5分

地図

解説

 橘樹(たちばな)神社と富士見台古墳は、子母口(しぼぐち)の閑静な高台の住宅地にあります。この周辺は、野川にある古刹(こさつ)・影向寺(ようごうじ)周辺とともに、古代武蔵国橘樹郡の郡衙(ぐんが)(郡の役所)推定地として有力視されている場所で、付近には県史跡子母口貝塚もあり、豊かな歴史的環境に恵まれています。
 古くから子母口村の鎮守であった橘樹神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)の男女2躯の神体を祀(まつ)っていて、かつては立花社といわれていました。
 橘樹神社の社伝は、おおよそ次のように伝えています。「日本武尊東征の際、尊は相模(さがみ)から海路で上総(かずさ)まで行こうとしました。ところが、海は恐ろしいほど荒れ狂い、尊の行く手をさえぎってしまいました。そこで、弟橘媛は荒れる海中に自らその身を投じ、尊のために海を鎮めました。やがて、入水した媛の御衣・御冠の具だけがこの地に漂着しました。」また、『古事記』でも「かれ七日ありて後に、其の后の御櫛海辺によりたりき。
 すなわち、その櫛を取りて御陵を作りて治め置きき」と伝えています。そして、この社伝と古事記の記述とが結びつき、その「御陵」とされてきたのが富士見台の高台に築かれた富士見台古墳です。
 現在、この古墳は公園の中に保存されていますが、道路に面した古墳の麓が大きく削られてしまい、墳丘もやや変形してしまっています。現存する部分の墳径は17.5m、高さ3.7mを測りますが、築造当初はかなり大きな円墳であったと思われます。
 史実としての真偽のほどはともかく、橘樹神社と富士見台古墳にまつわる伝説として、たいへん興味深いものがあります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp