スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

板面着色絵馬 泉福寺薬師会図

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

板面着色絵馬 泉福寺薬師会図

板面着色絵馬 泉福寺薬師会図 1面

年代

江戸時代〔嘉永7年(1854)〕

法量

縦71.5cm 横110.8cm

所有者

泉福寺(宮前区馬絹2-9-1)

指定

市重要歴史記念物 昭和60年12月24日指定

解説

 絵馬は、神社・仏閣に祈願・報謝のため、馬やそのほかの図を奉納する風習から生まれたものである。絵馬の起源は古く、神事に際して生馬を献ずることに由来するが、次第に土馬、馬形と平面化し、中世に至って絵馬がつくられ、仏事にもおよんでくる。近世には社寺に大絵馬が奉納される一方、民間庶民信仰にともなう小絵馬が盛行し、町の絵馬師への注文や既製品の購入、奉納者自身の手になるものなど多様化し、いずれも身近な悩みの解消といった利益を求める簡便な方法として普及し、類型化をとげる。
 本図には「嘉永七年甲寅五月吉日 奉納薬師如来…」の墨書銘があり、泉福寺境内の大銀杏と、薬師堂内の薬師如来像を画く。
 泉福寺には現在も大銀杏があるが、往時の風物と信仰の有様が活写されていて、風俗資料としても興味深い。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp