スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

都市部木材利用事例講習会の開催について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月18日

都市部木材利用事例講習会の開催について

〇目的:本見学、講習会は、木材フォーラム会員や市内建築士等を対象に、木材消費地である首都圏の先進的木材利用事例に関する設計技術について学ぶことで、木材利用に関する知識の普及、技術力の向上を図るとともに、木材利用技術の進展、都市部における木材利用の意義の普及を目的に開催するものです。

<平成30年度開催>都市部木材利用事例講習会(第2弾)を開催しました。

撮影:日暮雄一

撮影:日暮雄一

〇日時:平成30年12月10日(月)14:30~16:30

〇場所:栄光学園中学校・高等学校(神奈川県鎌倉市玉縄4-1-1)

〇参加者:川崎市木材利用促進フォーラム会員、建築士、建築関連事務所所員等 33名

〇事例概要:学校、木造・軸組構法、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上2階、延べ面積9,319m² ※平成26年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)採択

〇内容:設計者による事業概要説明、現地視察、質疑応答
 【講師(本施設設計者) 】
  (株)日本設計プロジェクト管理部副部長BIM室長 岩村雅人氏(株)日本設計建築設計群主任技師 吉岡紘介氏
  (株)日本設計建築設計群主任技師 吉岡紘介氏
 

 

<平成29年度開催>都市部木材利用事例講習会(第1弾)を開催しました。

〇日時:平成30年2月23日(金)14:00~16:30

〇場所:フレーバーライフ社本社ビル(東京都国分寺市)

〇主催:3者共同主催(川崎市木材利用促進フォーラム、(一社)神奈川県建築士事務所協会、住緑家運営専門委員会)

〇参加者:フォーラム会員、神奈川県建築士事務所協会員(計32名)

〇事例概要:事務所、鉄骨造(4~7階木質ハイブリッド造)、延面積606平方メートル ※平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)採択

〇内容:

 第1部 プロジェクト紹介

      「木のビルを建てたかった会社」

      (株)フレーバーライフ社 執行役 鎌田 尚文

 第2部 施設見学

 第3部 事例紹介・技術講習

     「都市木造の現在形 国分寺フレーバーライフ社本社ビル 2017

       ~開発から普及へ 中高層木造~」

        (株)スタジオ・クハラ・ヤギ一級建築士事務所 代表 八木 敦司

       (NPO法人team Timberize 理事)

建物外観

建物外観

<第1部>プロジェクト紹介

<第1部>プロジェクト紹介

<第2部>施設見学

<第2部>施設見学

<第2部>施設見学

<第2部>施設見学

<第3部>事例紹介・技術講習

<第3部>事例紹介・技術講習

〇参加者の主な感想

 ・施主と設計者の双方の思い現地にて聞くことができ、大変参考になった。

 ・詳細な図面を見せていただき、ありがたかった。

 ・ディテールまで紹介いただくなど、とてもオープンな内容の講習だったので、勉強になった。

 ・設計条件が厳しい中で設計に挑戦しており、参考になった。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局総務部企画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2715

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50kikaku@city.kawasaki.jp